中国(華流)ドラマ「鏢門(ひょうもん)」前回のあらすじ

中国(華流)ドラマ「鏢門(ひょうもん)」の前回のあらすじです。

「鏢門(ひょうもん)」前回のあらすじ34話~36話はこちら

「鏢門(ひょうもん)」の相関図、キャストを見るにはこちら

「鏢門(ひょうもん)」あらすじ全話一覧をみるにはこちら

安順の殺害を企む希平。
希平は、安順がいない隙に鏢局に放火した。
周辺にも被害がおよび、全焼した鏢局。

一方、賈克木に捕まってしまった揺婷。
彼らの拷問により、老三と老四は死す。

安順は揺婷を助けると彼女に誓う。
そんな中、揺婷の処刑が決まり…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「鏢門(ひょうもん)」あらすじ37話

「鏢門(ひょうもん)」37話の動画を視聴するにはこちら

処刑前夜、山猫が助けにやってくる。
山猫は安順と酒を交わす中、しびれ薬を盛った。

翌日、護送車を襲撃する山猫。
しかし中に乗っていた女装と男に殺されてしまう。

一方、安順は揺婷を救出した。
杜戴山のおかげで脱出できるも、李希平に見つかる。
だが、居合わせた賈克木によって、揺婷は銃殺されて…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「鏢門(ひょうもん)」あらすじ38話 最終回

「鏢門(ひょうもん)」38話(最終回)の動画を視聴するにはこちら

揺婷を殺した賈克木に復讐を遂げ、敵討ちを終えた安順。

一方、安順の母の墓に、餃子を供える戎戎。
そして希平がかつての希平に戻ることを願っていた。

急激に変わっていく時代に、鏢局の仕事はもう必要ではなくなっていた。
最後の仕事を終え、鏢局を閉めると決断する安順。

しかし、その前に悪事に手を染めた希平を掟にそって処罰すると決断。
かつては兄弟弟子だった二人は、命がけで闘い…。

中国(華流)ドラマ「鏢門(ひょうもん)」あらすじ37話~38話(最終回)の感想&ネタバレ

ついに最終回となりました。
依頼人の荷物を運ぶという仕事の鏢師。
今でいう、宅配便に似た仕事でしょうか?

掟を守り、真面目な鏢師の安順。
戎戎と希平の裏切り、想い合った揺婷とは結局結ばれず…
そこは不憫な感じがしましたが、安順は最後まで真面目でしたね。

希平の裏切りは、ひどいものでしたね。
安順の許嫁を奪うだけではなく、横領や殺人まで犯してしまいました。

しまいには安順を殺そうとまで…
ここまで落ちぶれてしまうとは…安順もショックだったでしょう。

個人的には、やっぱり揺婷と幸せになってほしかったな。
揺婷は賈克木によって殺されてしまいましたが、敵討ちができたのはよかったです。

時代が変わり、鏢師の仕事がいらなくなっても、安順はそのままでいてほしいですね。

鏢門(ひょうもん)のあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
鏢門(ひょうもん)のあらすじ全話一覧

中国(華流)ドラマ「鏢門(ひょうもん)」のその他の情報

鏢門(ひょうもん)のキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
鏢門(ひょうもん)の相関図&キャスト

鏢門(ひょうもん)のOSTやDVDをネットレンタルするならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
鏢門(ひょうもん)のOSTやDVDをネットレンタルする

ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービスはこちら
↓   ↓   ↓
ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービス

サブコンテンツ一覧はこちら
↓  ↓  ↓
サブコンテンツ一覧

中国(華流)ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
中国(華流)ドラマあらすじ一覧