中国(華流)ドラマ「皇后の記」全体のあらすじ

中国(華流)ドラマ「皇后の記」の全体のあらすじです。

「皇后の記」の相関図、キャストを見るにはこちら

「皇后の記」あらすじ全話一覧をみるにはこちら

時は清朝初期。
初代皇帝のヌルハチが死亡し、その後の後継者争いによりユアルは翻弄されていく。

ユアルは愛する人との仲を邪魔され、皇帝の側室となる。
そこで国と血筋と愛を巡った闘いの日々が待ち受けていた…。

スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「皇后の記」あらすじ1話

「皇后の記」1話の動画を視聴するにはこちら

1626年に寧遠の戦いが起き、初代皇帝ヌルハチは負傷する。
初めて経験せる敗北に死を覚悟するが、息子ドルゴンと共に戦地から脱出。

そんな中、休憩していた彼らの前に現れたユアル。
ユアルはドルゴンの幼馴染で、久々の再会に歓喜する。

そしてユアルといた医師により助かったヌルハチ一行は…。

スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「皇后の記」あらすじ2話

「皇后の記」2話の動画を視聴するにはこちら

死の直前、継承の詔書をホンタイジに渡したというヌルハチ。
それを聞かされた大福晋のアバハイは納得できず、ヌルハチを説得する。
しかしヌルハチは謝りながら息を引き取った。

それでも諦めないアバハイ。
何かを察知したユアルは、ドルゴンに…。

中国(華流)ドラマ「皇后の記」あらすじ3話

「皇后の記」3話の動画を視聴するにはこちら

反乱しようとして捕まっていたアジゲが釈放された。
アジゲを助けるために奮闘したドルゴンに、臆病者と罵倒するアジゲ。
アジゲは、敵のホンタイジに腰を低くするドルゴンを許せなかったのだ。

母を犠牲にしてしまったことで生き延びないとと考えるドルゴン。
そんな彼にユアルは…。

中国(華流)ドラマ「皇后の記」あらすじ1話~3話の感想&ネタバレ

1600年代の清朝を舞台にしていますね。
のちの皇后となるユアルを中心に、愛やら欲望やらに翻弄されていくのでしょうか。

そして幼馴染のドルゴン、ホンタイジとどう関わってくるのかも気になるところです。

次回からの展開をお楽しみに!

皇后の記のあらすじ4話~6話はこちら
↓   ↓   ↓
皇后の記あらすじ4話~6話

皇后の記のあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
皇后の記のあらすじ全話一覧

中国(華流)ドラマ「皇后の記」のその他の情報

皇后の記のキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
皇后の記の相関図&キャスト

皇后の記のOSTやDVDをネットレンタルするならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
皇后の記のOSTやDVDをネットレンタルする

ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービスはこちら
↓   ↓   ↓
ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービス

サブコンテンツ一覧はこちら
↓  ↓  ↓
サブコンテンツ一覧

中国(華流)ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
中国(華流)ドラマあらすじ一覧