中国(華流)ドラマ「皇后の記」前回のあらすじ

中国(華流)ドラマ「皇后の記」の前回のあらすじです。

「皇后の記」前回のあらすじ31話~33話を見るにはこちら

「皇后の記」の相関図、キャストを見るにはこちら

「皇后の記」あらすじ全話一覧をみるにはこちら

ホンタイジが外へ出ようとすると、そこには清兵の死体が無数転がっていた。
誰がしたのかロンゲに聞くと、息子のホーゲとのこと。
ホーゲに問い詰めるホンタイジだが、ホーゲは自分のためにしたんだという。

その後、ホンタイジは急逝する。
急遽、新皇帝を決めなくてはならなくなった。
ドルゴンと息子のホーゲが候補に挙がるが…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「皇后の記」あらすじ34話

「皇后の記」34話の動画を視聴するにはこちら

流産後、情緒不安定に陥っていたシャオユアル。
彼女は復讐をつぶやき、その後どこかへ行ってしまった。

ドルゴンはシャオユアルを捜索する。

その頃のシャオユアルは、ユアルへの憎悪を抱きながら永福宮へ。
ユアルにも苦しみを味合わせようとフリンと拉致し…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「皇后の記」あらすじ35話

「皇后の記」35話の動画を視聴するにはこちら

フリンが新皇帝となり、ドルゴンは彼を支える摂政王となった。
実質ドルゴンが政権を握ることとなる。

そんなドルゴンの政治に納得しないホーゲ。
ドルゴンの暴走を止めたいが、説得しようにも一撃されてしまった。

そんな中、ドルゴンのやり方に反対するユアルで…。

中国(華流)ドラマ「皇后の記」あらすじ36話

「皇后の記」36話の動画を視聴するにはこちら

フリンも、今は幼いといえいつかは政治をしていかなくてはならない。
しかしまだ幼いフリンにとって難しい勉強は苦痛だった。

ホーゲの誘いに乗り、遊びに夢中になってしまう。
さらにホーゲの影響でユアルへの暴言や態度も酷くなるばかりだった。

そこでユアルは、フリンとホーゲを近づけさせないよう…。

中国(華流)ドラマ「皇后の記」あらすじ34話~36話の感想&ネタバレ

新皇帝に即位したユアルの子、フリン。
だけど実質摂政王のドルゴンが皇帝のようなもんですね。

まだ幼いフリンを皇帝にしたのは時期早々だったのでは…?
フリンも苦痛な勉強を強いられ、自由を失った。
それに暴言や態度も悪くなって。

ドルゴン自身も権力握ったことで、強権政治をしてしまっています。
このままで国が治められるのでしょうか。

皇后の記のあらすじ37話~39話はこちら
↓   ↓   ↓
皇后の記あらすじ37話~39話

皇后の記のあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
皇后の記のあらすじ全話一覧

中国(華流)ドラマ「皇后の記」のその他の情報

皇后の記のキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
皇后の記の相関図&キャスト

皇后の記のOSTやDVDをネットレンタルするならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
皇后の記のOSTやDVDをネットレンタルする

ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービスはこちら
↓   ↓   ↓
ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービス

サブコンテンツ一覧はこちら
↓  ↓  ↓
サブコンテンツ一覧

中国(華流)ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
中国(華流)ドラマあらすじ一覧