中国(華流)ドラマ「鏢門(ひょうもん)」全体のあらすじ

中国(華流)ドラマ「鏢門(ひょうもん)」の全体のあらすじです。

「鏢門(ひょうもん)」の相関図、キャストを見るにはこちら

「鏢門(ひょうもん)」あらすじ全話一覧をみるにはこちら

時は清代末期の辛亥の年。
山谷・太谷鏢局を創設した老鏢師の戴海臣の引退の時期が来ていた。

そんな中、創設して初めての賊に荷物を盗まれるという失敗が起きてしまう。

弟子の劉安順は、度胸試しで土匪を感心させて奪い返した。

この事態を招いたのは、個人的な闇売買を行おうとした安順が恩ある古参鏢師。
安順は、恩義よりも規則を重んじ、解雇を告げて…。

スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「鏢門(ひょうもん)」あらすじ1話

「鏢門(ひょうもん)」1話の動画を視聴するにはこちら

太谷鏢局を創設した戴海臣。
自身の地位から退く時が来ていた。

そんな中、賊に荷物を奪われるという失態を犯す。
大鏢頭となった劉安順は、荷物と一隊を奪い返した。

そんな折、この失態を犯した原因が、安順の恩ある人物にあるとわかり…。

スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「鏢門(ひょうもん)」あらすじ2話

「鏢門(ひょうもん)」2話の動画を視聴するにはこちら

責任を問われた古参鏢師の馬奎は、その後自害する。
この一件で、規則を忠実に守った安順。
だが、頑固に守ったことが逆に周囲に不満にさせていた。

そんな中、永大世襲の親王家の子孫と名乗るエルへ。
戴海臣に力試しを要求するためにやってくる。

エルへのお供のとう哈は、お忍びでやってきたのだと語る。
そして隆泰票号の謝還に、出資金の話をして…。

中国(華流)ドラマ「鏢門(ひょうもん)」あらすじ3話

「鏢門(ひょうもん)」3話の動画を視聴するにはこちら

鏢局の看板を賭けて、エルへと力試しをすることになった安順。
しかし刀を折られ、負けを認めるしかなくなる。

そんな中、戴海臣の娘の戎戎がエルへを倒した。
看板を守ることはできたものの、安順への不満が大きくなる鏢師たち。

その頃、大金を北京へ運ぶ仕事が入った。
安順が隊を率いて出発するが…。

中国(華流)ドラマ「鏢門(ひょうもん)」あらすじ1話~3話の感想&ネタバレ

中国では重要な役割だったという鏢師。
いわゆる運び屋なんだそう。

大事な仕事で失態を犯せば、責任問題となりますよね。

安順は、恩があった古参鏢師に責任を追及。
結果的に彼は自害しました。
規則を守るべきなのか、恩を優先するべきだったのか。
何が正しいのかはわかりませんね。

次期後継者として、安順は厳しくしただけ。
本当は苦渋の決断だったんじゃないかなと思ってます。

鏢門(ひょうもん)のあらすじ4話~6話はこちら
↓   ↓   ↓
鏢門(ひょうもん)あらすじ4話~6話

鏢門(ひょうもん)のあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
鏢門(ひょうもん)のあらすじ全話一覧

中国(華流)ドラマ「鏢門(ひょうもん)」のその他の情報

鏢門(ひょうもん)のキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
「鏢門(ひょうもん)」の相関図、キャストを見るにはこちら

鏢門(ひょうもん)のOSTやDVDをネットレンタルするならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
鏢門(ひょうもん)のOSTやDVDをネットレンタルする

ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービスはこちら
↓   ↓   ↓
ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービス

サブコンテンツ一覧はこちら
↓  ↓  ↓
サブコンテンツ一覧

中国(華流)ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
中国(華流)ドラマあらすじ一覧