中国(華流)ドラマ「寵妃(ちょうひ)の秘密」前回のあらすじ

最初に、中国(華流)ドラマ「寵妃(ちょうひ)の秘密」前回のあらすじです。

「寵妃(ちょうひ)の秘密」前回のあらすじ10話~12話はこちら

「寵妃(ちょうひ)の秘密」の相関図、キャストを見るにはこちら

「寵妃(ちょうひ)の秘密」あらすじ全話一覧をみるにはこちら

流千水は、檀児の命が危ないと聞き、慌てて駆けつけた。
そして、檀児を助けるため、連城は血の契りを交わすことに。

そんな中、連城の側室として、孫の趙軽雲を迎え入れた皇太后。
盼児は、檀児を陥れるため、檀児と連城の仲に嫉妬する軽雲を唆す。
しかし、盼児の本当の狙いは、檀児を助けに来るはずの連城だった。

連城を襲った主犯として問い詰められる盼児と曲夫人。
曲夫人は、盼児達を守るために、全ての罪を被って自害した。

一方、連城の信用を取り戻そうと、皇太后は、宴会を開くことにする。

スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「寵妃(ちょうひ)の秘密」あらすじ13話

「寵妃(ちょうひ)の秘密」13話の動画を視聴するにはこちら

盼児は、軽雲を殺してしまい、助かる代わりに曲家の秘宝・鎮魂珠を檀児と連城に渡す。

悪の主は、鎮魂珠に触れることができた檀児が持ち主だと気づいた。
奕懐は、檀児を殺せと言われるも、断ることに。

一方、小檀が鎮魂珠に触れた日以来、檀児は呼び出しに返答してくれない。
困った小檀は、流千水を訪ねることに。
そこで、鎮魂珠の使い方を教える代わりに、鎮魂珠を習得しろと言われて…

スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「寵妃(ちょうひ)の秘密」あらすじ14話

「寵妃(ちょうひ)の秘密」14話の動画を視聴するにはこちら

小檀は、連城の命が25歳までだと知ってしまう。
皇太后は、連城が助かるには、鎮魂珠の主である檀児が死ななければならないと話す。
そこで、小檀は、連城と血の契りを断つために流千水を訪ねた。

一方、奕懐に愛されていないと気づいた檀児。
檀児は、自分の命を連城を助けたい小檀に任せる。
そこで、命を絶つ決意をした小檀は、皇太后から毒酒をもらう。

中国(華流)ドラマ「寵妃(ちょうひ)の秘密」あらすじ15話

「寵妃(ちょうひ)の秘密」15話の動画を視聴するにはこちら

奕懐は、邪悪な力に操られてしまっていた。
自身を見失い、皇帝さえも捕らえにかかる奕懐。

小檀は、奕懐から鎮魂珠を渡せと脅され、失神してしまった。
その衝撃で、小檀から檀児の人格に変化する。
奕懐は、檀児との昔の思い出話しを聞かされ、正気に戻り、抱き合う。

しかし、容赦なく邪悪なパワーを奕懐に注ぎ入れる悪の主。
その時、小檀が檀児の身体から出てきてしまい…

中国(華流)ドラマ「寵妃(ちょうひ)の秘密」あらすじ13話~15話の感想&ネタバレ

鎮魂珠の持ち主が檀児という事で、また危険になりましたね!

奕懐は悪の主に操られちゃってるし!
途中、檀児のおかげで正気を取り戻そうとしてたけど…

小檀は、檀児の身体から出てきちゃってしまいました~!
でも、身体がないからどうするの?!

次回、「寵妃(ちょうひ)の秘密」最終回までのあらすじをお伝え致します!
お楽しみに!

寵妃(ちょうひ)の秘密のあらすじ16話~18話(最終回)はこちら
↓   ↓   ↓
寵妃(ちょうひ)の秘密あらすじ16話~18話(最終回)

寵妃(ちょうひ)の秘密のあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
寵妃(ちょうひ)の秘密のあらすじ全話一覧

中国(華流)ドラマ「寵妃(ちょうひ)の秘密」のその他の情報

寵妃(ちょうひ)の秘密のキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
寵妃(ちょうひ)の秘密の相関図&キャスト

寵妃(ちょうひ)の秘密のOSTやDVDをレンタルするならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
寵妃(ちょうひ)の秘密のOSTやDVDをレンタルする

サブコンテンツ一覧はこちら
↓  ↓  ↓
サブコンテンツ一覧

中国(華流)ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
中国(華流)ドラマあらすじ一覧