中国(華流)ドラマ「擇天記(たくてんき)」前回のあらすじ

中国(華流)ドラマ「擇天記(たくてんき)」の前回のあらすじです。

「擇天記(たくてんき)」前回のあらすじ33話~33話はこちら

「擇天記(たくてんき)」の相関図、キャストを見るにはこちら

「擇天記(たくてんき)」あらすじ全話一覧をみるにはこちら

黒袍に閉じ込められ、窮地に陥った長生たち。
方法を探すが長生が体調を崩し、有容が自分の血を使った薬を与えた。

そんな中、白落衡たちの協力のもと、結界を破ることに成功。
各々が二手に分かれ、神都を目指す。

神都では、長生が魔族のスパイと噂されていた。
秋山君がそう言いふらしていたせいだった。

そのせいで、投獄されてしまった長生で…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「擇天記(たくてんき)」あらすじ34話

「擇天記(たくてんき)」34話の動画を視聴するにはこちら

長生を助け出し、有容は聖后に立ち向かう。
しかし聖后の力はすさまじいものだった。

聖后に吹き飛ばされると、幼少期に長生からもらった首飾りが外れた。
聖后がそれを見るやいなや、様子が変わった。

長生が行方不明だった皇太子なのではないかという疑惑が浮上する。

一方、長生は六感を失いながらも、妖族の地へと向かっていて…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「擇天記(たくてんき)」あらすじ35話

「擇天記(たくてんき)」35話の動画を視聴するにはこちら

感覚を失った長生。
白落衡がなんとかしようと神山へ行くと、そこには女神がいた。
六感を取り戻す代わりに、女神は彼女にある決断を迫る。

一方、長生よりも星盤大陣を大事にする聖后。
その理由を知りたい有容は、彼女と星盤の関係に疑問を抱く。

そんな中、投獄中の唐海のもとにやってきたのは…。

中国(華流)ドラマ「擇天記(たくてんき)」あらすじ36話

「擇天記(たくてんき)」36話の動画を視聴するにはこちら

妖族の経脈の欠陥を解決したい長生。

一方、黒袍と魔族が白帝城に潜り込んでいた。
魔族は唐海を使って周独夫の遺物を奪わせる。
遺物というのは、白帝にとって重要なものである紅銅傘だった。

そして夜、白帝の身に危険が迫っていると知った長生は…。

中国(華流)ドラマ「擇天記(たくてんき)」あらすじ34話~36話の感想&ネタバレ

長生が六感を失ってしまいました。
なんやかんやここまで強く生きてこれたけど、六感失うのはきついですね…

そんな中で、皇太子が長生?
まさか首飾りでそうなるとは!
でも聖后には、星盤のほうが大事みたいですね。

皇太子としての復活?あるのでしょうか。

擇天記(たくてんき)のあらすじ37話~39話はこちら
↓   ↓   ↓
擇天記(たくてんき)あらすじ37話~39話

擇天記(たくてんき)のあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
擇天記(たくてんき)のあらすじ全話一覧

中国(華流)ドラマ「擇天記(たくてんき)」のその他の情報

擇天記(たくてんき)のキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
擇天記(たくてんき)の相関図&キャスト

擇天記(たくてんき)のOSTやDVDをネットレンタルするならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
擇天記(たくてんき)のOSTやDVDをネットレンタルする

ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービスはこちら
↓   ↓   ↓
ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービス

サブコンテンツ一覧はこちら
↓  ↓  ↓
サブコンテンツ一覧

中国(華流)ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
中国(華流)ドラマあらすじ一覧