中国(華流)ドラマ「王朝の謀略」前回のあらすじ

中国(華流)ドラマ「王朝の謀略」の前回のあらすじです。

「王朝の謀略」前回のあらすじ25話~27話はこちら

「王朝の謀略」の相関図、キャストを見るにはこちら

「王朝の謀略」あらすじ全話一覧をみるにはこちら

火事で絵が燃えるが、奇跡的に残った絵が偽物だと判明。

何者かがすり替えたと考えられた。
だ4が、疑わしき人物として、沈貴が浮上する。

そんな中、傅玉堂の事件で二人の人物が有罪判決を受けた。
しかし周新は納得いかず、怒りがこみ上げ…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「王朝の謀略」あらすじ28話

「王朝の謀略」28話の動画を視聴するにはこちら

大牛が水死体となって発見され、兄の死を嘆き悲しむ萍児。

大牛の死に疑問をもち、周新は調査しようと考える。

調べてみようと、巡塩御史の章浩に話す。
だが、塩不足で忙しく相手にされない。

そんな章浩は、塩不足の件で不正の証拠を得ようと…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「王朝の謀略」あらすじ29話

「王朝の謀略」29話の動画を視聴するにはこちら

萍児に連れられ、洞穴にやってきた思琪。
そこは、大牛が闇塩を運搬する際の隠れ家に利用していた。

運搬の記録で使っていた、竹片まで残されていた。

周新にも見せようと一旦帰る思琪。
そして、周新と共に戻ると…。

中国(華流)ドラマ「王朝の謀略」あらすじ30話

「王朝の謀略」30話の動画を視聴するにはこちら

倭寇によって、海沿いの町々が侵略されていた。
さらに勢力は拡大し、民たちは恐怖で怯えていた。

朝廷の大臣たちは、対策をしなければと怒りと焦りがあった。

そんな中、これまで戦で活躍してきた京衛指揮使の魯イは…。

中国(華流)ドラマ「王朝の謀略」あらすじ28話~30話の感想&ネタバレ

倭寇っていわゆる日本ですよね。
時代的に仕方ないとはいえ、侵略は悲しいものですね。

あと大牛はやっぱり亡くなっていましたね…。
さすが周新はすぐに死に疑問をもちます。

だけど章浩は塩不足のことに夢中ですね。

周新の話にも耳を傾けてほしいもんです。

王朝の謀略のあらすじ31話~33話はこちら
↓   ↓   ↓
王朝の謀略あらすじ31話~33話

王朝の謀略のあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
王朝の謀略のあらすじ全話一覧

中国(華流)ドラマ「王朝の謀略」のその他の情報

王朝の謀略のキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
王朝の謀略の相関図&キャスト

ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービスはこちら
↓   ↓   ↓
ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービス

サブコンテンツ一覧はこちら
↓  ↓  ↓
サブコンテンツ一覧

中国(華流)ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
中国(華流)ドラマあらすじ一覧