中国(華流)ドラマ「王朝の謀略」前回のあらすじ

中国(華流)ドラマ「王朝の謀略」の前回のあらすじです。

「王朝の謀略」前回のあらすじ10話~12話はこちら

「王朝の謀略」の相関図、キャストを見るにはこちら

「王朝の謀略」あらすじ全話一覧をみるにはこちら

傅玉堂の事件に進展があれば、逐一報告するよう余人傑に話す紀綱。

そんな中、ある未解決事件について聞く周新。
冤罪の疑いがあるために、刑保留のまま収監されている容疑者の二人。

周新は、二人は無罪であると確信するが…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「王朝の謀略」あらすじ13話

「王朝の謀略」13話の動画を視聴するにはこちら

傅玉堂に真相を知られまいと、彼を罠にかけた人物がいると断言する羅揚。

亡くなる前、傅玉堂は杭州行きを不安視していた上に謎の書状も届いていた。

これにより、傅夫人に会って話を聞いてほしいと羅揚に頼む周新。

その後、周新のもとに贈りものが届いていて…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「王朝の謀略」あらすじ14話

「王朝の謀略」14話の動画を視聴するにはこちら

梨花が落ちたとされる橋で、包み紙を拾った思琪。
薬屋にやってきた彼女は、ある婦人が天花粉を買っていたと聞いた。

中絶に使われる薬であり、思いつく人物を描いていた周新。

確実な証拠はないものの、梨花のお腹の子と関係していると考える。
そしてそれに、唐瑛が関わっていると考え…。

中国(華流)ドラマ「王朝の謀略」あらすじ15話

「王朝の謀略」15話の動画を視聴するにはこちら

周新の推理を聞いて驚くも、内容は否定する三おばさん。
三おばさん曰く、梨花は橋から落ちたとき植物のツルに捕まっていたという。

そして助けを呼びに行って、戻ってきたときにはいなかったと話した。

つるにずっと捕まっていられず、落ちたのではとも話した。
しかし真実は異なり…。

中国(華流)ドラマ「王朝の謀略」あらすじ13話~15話の感想&ネタバレ

真実を知るために、危険とわかっていながらも杭州へ向かった傅玉堂。
まさに真面目で高潔な男ですね!

そして察しどおり、殺されてしまった…。

一体誰が彼を殺した犯人なのか。

傅玉堂が調べていたことが絶対に関係していますが、どれほどの暴いてほしくない真実が隠されているのでしょうか!

王朝の謀略のあらすじ16話~18話はこちら
↓   ↓   ↓
王朝の謀略あらすじ16話~18話

王朝の謀略のあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
王朝の謀略のあらすじ全話一覧

中国(華流)ドラマ「王朝の謀略」のその他の情報

王朝の謀略のキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
王朝の謀略の相関図&キャスト

ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービスはこちら
↓   ↓   ↓
ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービス

サブコンテンツ一覧はこちら
↓  ↓  ↓
サブコンテンツ一覧

中国(華流)ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
中国(華流)ドラマあらすじ一覧