韓国ドラマ「のだめカンタービレ」前回のあらすじ

韓国ドラマ「のだめカンタービレ」の前回のあらすじです。

「のだめカンタービレ」前回のあらすじ1話~3話はこちら

「のだめカンタービレ」の相関図、キャストを見るにはこちら

マエストロを夢見るチャ・ユジンは、変わり者のピアニストソル・ネイルに出会う。
完璧主義の彼だが、自由過ぎるネイルのピアノに魅力を感じる。

その頃、ハヌム音楽院に世界的な指揮者である、シュトレーゼマンが赴任してくることに。
指揮科への転科を希望するユジンだが…?

スポンサーリンク

韓国ドラマ「のだめカンタービレ」あらすじ4話(視聴率5.2%)

Sオケをまとめることが出来ず、転科は認められないユジン。
シュトレーゼマンの提案を受け、彼のアシスタントになることに。

レッスンに顔を出さないシュトレーゼマンの代わりに、ユジンはSオケの指揮を務める。
落ちこぼれを集めたSオケが目障りな理事会。
Sオケを解散させるため、Aオケとの演奏バトルを企画する。

必死になるユジンは、団員たちに厳しく当たるように…。

スポンサーリンク

韓国ドラマ「のだめカンタービレ」あらすじ5話(視聴率6.9%)

>

公演当日、ユジンは緊張する団員達をうまく導き、演奏を成功させる。
Sオケの演奏に動揺したAオケは実力を発揮できず、結果は同点。

公演後、ネイルはユジンを遠い存在に感じ始めていた。
そんなある日、シュトレーゼマンはユジン、ネイルたちに音楽祭への参加を勧め…。

韓国ドラマ「のだめカンタービレ」あらすじ6話(視聴率6.0%)

ユン・イソン音楽祭で、ユジンはチェリストのユヌと出会う。
ユジンはシュトレーゼマンの代わりに立った指揮で、マスコミの注目を集めることに。

一方、厳しいレッスンに耐えられず、逃げ出してしまったネイル。

その夜、ユヌは一人でピアノを引く彼女のもとに…。
ネイルのピアノに勇気づけられたユヌは、ハヌム音楽院に聴講生として通うことになる。

韓国ドラマ「のだめカンタービレ」あらすじ4話~6話の感想&ネタバレ

シュトレーゼマンは、ユジンに今までないチャンスを与えてくれてる。意図的な気がしますけど。
なんか深い意味があるようですが…。

それにしても、ネイルのピアノは大きなパワーを持っているようです。
多くの人が彼女のピアノで、自信を戻したり、勇気を貰ったり…素晴らしいと思う。

ユヌの出現で、三角関係の始まりですね。
今までは、ネイルの一方的なアプローチだったが、相手がユヌだと、ユジンも緊張しますね。
この三角関係がどんな展開を見せるのか、更なる試練を目の当たりにするSオケの運命は…。次回が楽しみですね。

のだめカンタービレのあらすじ7話~9話はこちら
↓   ↓   ↓
のだめカンタービレあらすじ7話~9話

のだめカンタービレのあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
のだめカンタービレのあらすじ全話一覧

韓国ドラマ「のだめカンタービレ」のその他の情報

のだめカンタービレのキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
のだめカンタービレの相関図&キャスト

のだめカンタービレのOSTやDVDをレンタルするならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
のだめカンタービレのOSTやDVDをレンタルする

ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキングはこちら
↓   ↓   ↓
ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキング

韓国ドラマ情報室トップはこちら
↓   ↓   ↓
韓国ドラマ情報室トップ