中国(華流)ドラマ「宮廷の茗薇(めいび)」前回のあらすじ

最初に、中国(華流)ドラマ「宮廷の茗薇(めいび)」前回のあらすじです。

「宮廷の茗薇(めいび)」前回のあらすじ34話~36話はこちら

「宮廷の茗薇(めいび)」の相関図、キャストを見るにはこちら

「宮廷の茗薇(めいび)」あらすじ全話一覧をみるにはこちら

昔から茗蕙は義母である茗薇の母に酷い扱いをされていた。
そして、その恨みはまだ断ち切られていない。

康熙帝のが崩御し、最期に立ち会ったのは四皇子だけだった。
十三皇子と茗薇は、誰かが康熙帝がなくなる前に会っていたと知る。
四皇子が遺詔を改ざんしたという噂は、誰かの罠だと気づく。

四皇子は、徳妃から茗薇を殺すべきだと言われてしまう。

そんな中、茗薇は徳妃に呼び出される。
そこには納蘭貴妃もいて、お茶を出されるが…

スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「宮廷の茗薇(めいび)」あらすじ37話

「宮廷の茗薇(めいび)」37話の動画を視聴するにはこちら

徳妃に反発した四皇子。
皇位を辞するつもりもないとして、十四皇子との亀裂も深まる。
そんな二人の子供達に苦悩する徳妃。

一方、十四皇子に四皇子との対立をやめるよう話す茗薇。
茗蕙の罠だと言うも、聞く耳を持ってくれなかった。

四皇子と十四皇子は対立を深め、十三皇子と茗薇を案じる四皇子。
そんな中、茗蕙が関わっている事を証明しようと考える茗薇。
茗薇に協力すると四皇子の妻達も集まり…

スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「宮廷の茗薇(めいび)」あらすじ38話

「宮廷の茗薇(めいび)」38話の動画を視聴するにはこちら

茗薇が連れ去られてしまう。
実は、十四皇子が茗蕙に狙われる茗薇を救おうとしてのことだった。

一方、四皇子と十四皇子の前に八皇子達の兵が襲い掛かる。
そこへ、十四皇子も現れた。
戦の結果、四皇子が即位し、雍正帝が誕生した。

康熙帝殺しの疑いを向けられた茗蕙。
無実を主張するも、皆が茗蕙が犯人だとしか思わなかった。

十四皇子は、死罪が決まった茗蕙に語りはじめ…

中国(華流)ドラマ「宮廷の茗薇(めいび)」あらすじ39話

「宮廷の茗薇(めいび)」39話の動画を視聴するにはこちら

茗蕙は、昔からのひどい扱いで茗薇を恨んでいた事を話す。
話しの途中、体調が悪そうな茗蕙を見て、妊娠していると察した茗薇。

死刑執行日がやってきた。
十四皇子は、四皇子から酌量の判断を任された。
しかし、改心する様子がない茗蕙は許されるはずがなかった。
死刑が執行されようとした瞬間、四皇子、十三皇子、茗薇の三人がやってきて…

中国(華流)ドラマ「宮廷の茗薇(めいび)」あらすじ40話(最終回)

「宮廷の茗薇(めいび)」40話(最終回)の動画を視聴するにはこちら

茗薇は現代に戻り、小薇として暮らし始めた。
なかなか進まなかった企画も、新たな視点から再スタートする。

現代の世界を見渡すと、前世で見覚えのある顔ぶればかり。
全て縁が繋いでいるのだと感じていた。

そんな中、故宮へ足を運び、十三皇子への想いを馳せていた小薇。
十三皇子は、杏の木の下に想いをしたためていた。
それを見た小薇は、また一歩新しい世界へと歩きはじめ…

中国(華流)ドラマ「宮廷の茗薇(めいび)」あらすじ37話~40話(最終回)の感想&ネタバレ

いよいよ最終回を迎えました。
若曦とかぶる所が多くあり、混乱しそうになりましたが…笑

茗蕙、哀れでしたね。
あんなに恨みばかりで生きている人を見ると、かわいそうになってしまいますね。

最終回では現代に戻ってきました!
縁は前世からずっと続いている。
きっと現世で出会う人は何かしら縁がある人なんでしょうね。

最期までお付き合いいただき、ありがとうございました。
ラストは是非その目で確かめてくださいね!

宮廷の茗薇(めいび)のあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
宮廷の茗薇(めいび)のあらすじ全話一覧

中国(華流)ドラマ「宮廷の茗薇(めいび)」のその他の情報

宮廷の茗薇(めいび)のキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
宮廷の茗薇(めいび)の相関図&キャスト

宮廷の茗薇(めいび)のOSTやDVDをネットレンタルするならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
宮廷の茗薇(めいび)のOSTやDVDをネットレンタルする

ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービスはこちら
↓   ↓   ↓
ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービス

サブコンテンツ一覧はこちら
↓  ↓  ↓
サブコンテンツ一覧

中国(華流)ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
中国(華流)ドラマあらすじ一覧