中国(華流)ドラマ「海上牧雲記」前回のあらすじ

中国(華流)ドラマ「海上牧雲記」の前回のあらすじです。

「海上牧雲記」前回のあらすじ37話~39話はこちら

「海上牧雲記」の相関図、キャストを見るにはこちら

「海上牧雲記」あらすじ全話一覧をみるにはこちら

皇帝から盼兮誅殺を受けた苓鶴清は観星閣で盼兮に寒氷刺を刺そうとする。

一方、八大部族を結束させたい碩風和葉は巨人の祭壇で300年前の出来事を知る。
そして、自分が次の鉄沁王になる決意をし、王の証である鉄王剣を手に入れる。

そんな中、苓鶴清は観星閣が燃えた事で星雲球を失い、終わりを予言する。

スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「海上牧雲記」あらすじ40話

「海上牧雲記」40話の動画を視聴するにはこちら

牧雲欒と牧雲徳は九州客桟の中でお互いの考えを知ろうとしていた。
そこで、自ら野心がない事を牧雲徳はアピールするも牧雲欒は信じなかった。

その頃、行方がわからずにいた穆如厳霜は碩風和葉をようやく見つける。
しかし、愛の呪文のせいだと思って彼に気持ちを受け入れてもらえず覚悟を決めた。

スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「海上牧雲記」あらすじ41話

「海上牧雲記」41話の動画を視聴するにはこちら

牧雲欒は牧雲寒宛の孤松拓の書状を入手する事に成功する。
さらに、牧雲厳霜の失踪が分かると瀚州で戦を起こそうと書状を交換する。

同じ頃、牧雲厳霜は碩風和葉達を丹尭族まで送ると鉄王剣の事を知らされる。
すると、丹尭の巫女に本当の自分を探し中だと話し、自らの夢を叶えようとし…

中国(華流)ドラマ「海上牧雲記」あらすじ42話

「海上牧雲記」42話の動画を視聴するにはこちら

瀚州の中で朝廷から貿易用の鉄器の製作を許可されていた速沁部族。
しかし、内密に武器制作をしている事を知られ、赫蘭鉄轅に武器を奪われる。

そんな中、赫蘭鉄轅は族長の紫炎から馬を盗まれた上に心まで奪われてしまう。
そして、敵がゆえに愛される事なく、彼女に無理難題を強いられてしまい・・・

中国(華流)ドラマ「海上牧雲記」あらすじ40話~42話の感想&ネタバレ

穆如厳霜は呪いだと疑われて気持ちを信じてもらえず歯がゆいですね。
でも、鉄王剣の事を聞かされた以上、複雑だろうな。

一方、赫蘭鉄轅は紫炎にときめいてますね(笑)
でも、敵に好きだと言われて信じるわけもないし・・・
どっちもなんだか難しそうですね。

次回もお楽しみに!

海上牧雲記のあらすじ43話~45話はこちら
↓   ↓   ↓
海上牧雲記あらすじ43話~45話

海上牧雲記のあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
海上牧雲記のあらすじ全話一覧

中国(華流)ドラマ「海上牧雲記」のその他の情報

海上牧雲記のキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
海上牧雲記の相関図&キャスト

海上牧雲記のOSTやDVDをネットレンタルするならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
海上牧雲記の皇后のOSTやDVDをネットレンタルする

ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービスはこちら
↓   ↓   ↓
ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービス

サブコンテンツ一覧はこちら
↓  ↓  ↓
サブコンテンツ一覧

中国(華流)ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
中国(華流)ドラマあらすじ一覧