FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

スポンサーリンク


韓国ドラマ「砂時計」全体のあらすじ

最初に、韓国ドラマ「砂時計」の全体のあらすじです。

「砂時計」の相関図、キャスト見るにはこちら

不良で知られるテスと、真面目で頭のいいウソク。
2人は親友だった。

だが、夢を絶たれ、母も亡くしてしまい、どん底に陥いるテス。
挙句、裏社会で生きる人間になっていた。

一方、検事となったウソクだが、正義が通用せず挫折する。

そんな中、亡き父からカジノ事業を受け継いだヘリンと、ボディガードのジェヒ。

そんな4人の激動の物語を描く。

スポンサーリンク


韓国ドラマ「砂時計」あらすじ1話(視聴率29.8%)

「砂時計」1話の動画を視聴するにはこちら

時代は1976年。

ヤクザであるイ・ソンボムの組に入っていたテス。
ある日、政治家からある党を潰すよう頼まれる。
同じ組員のジョンドは、政治に対して野望があった。

遡って1973年。

転校してウソクやジョンドと知り合うテス。
ケンカばかりしていたテスだが、1人で育ててくれる母親のため、勉強を頑張ることに。
そして、頭のいいウソクに勉強を教わろうとする。
こうして2人は親友になっていくのだった。

スポンサーリンク


韓国ドラマ「砂時計」あらすじ2話(視聴率34.1%)

「砂時計」2話の動画を視聴するにはこちら

1976年。

ウソクは法学部に入り、そこでヘリンと出会う。
お金に困るヘリンに、家庭教師のバイトを紹介してあげるのだった。

遡ること1968年。

農業を営む親のもとに生まれたウソク。
小さい頃から勉強ばかりしていた。

そんな中、土地を売ることに反対の父マンソク。
ある日、免罪で捕まり、涙ながらに土地を手放すのだった。

そんなマンソクは、弱い人を助ける人になれと、ウソクに願うのだった。

スポンサーリンク


韓国ドラマ「砂時計」あらすじ3話(視聴率35.9%)

「砂時計」3話の動画を視聴するにはこちら

1972年のこと。

高校生のヘリンは、資産家一家で、不自由ない生活を送っていた。
だがヘリンの誕生日パーティーの時、母が倒れてしまう。

そんな中ヘリンの父ユンは、チョンを脅してカジノを乗っ取ろうとしていた。
それに抗うチョンは、ヘリンを人質に取るも、ユンを助けようとしなかった。
その後助け出されるも、母は死に、父を憎悪するヘリンだった。

スポンサーリンク


韓国ドラマ「砂時計」あらすじ1話~3話の感想&ネタバレ

場面の入れ替わりが多いですが、テスとウソクは親想いですね。
ただ、母のために勉強頑張ってたのに、組員になっちゃたんですねテスは。
いろいろあったんでしょう。

ウソクも幼い頃に、父から言われた言葉を大事にしてたんですね。
そんな2人が親しくなるのは必然だったのかもしれません。

一方でヘリンは、ツラい過去を背負ってますね。
ウソクとの出会いでどうなっていくのか。
今後が気になりますね。

砂時計のあらすじ4話~6話はこちら
↓   ↓   ↓
砂時計あらすじ4話~6話

砂時計のあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
砂時計のあらすじ全話一覧

スポンサーリンク


韓国ドラマ「砂時計」のその他の情報

砂時計のキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
砂時計の相関図&キャスト

砂時計のOSTやDVDをレンタルするならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
砂時計のOSTやDVDをレンタルする

ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキングはこちら
↓   ↓   ↓
ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキング

韓国ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
韓国ドラマあらすじ一覧