韓国ドラマ-黄金の帝国-あらすじ7話~9話-最終回までの感想と評価-キャスト,相関図,視聴率情報まで

   2016/05/25

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

韓国ドラマ「黄金の帝国」のここまでのあらすじまとめです。

留置所から出てきたソリに都市開発に関わるなと
言われるテジュでしたが、全く話を聞きませんでした。

復讐の念があるのでやっぱり危険と分かっていても
引き下がれないんでしょうね。

そして組合長選挙で誰を組合長にするのか
戦いもありました。

ミンジェとテジュはピルトゥを組合長にしようとしますが
ソユンはそれを許しません。

ソユンはピルトゥの部下を買収しようとしたり
裏で動きを見せ始めました。

ソンジングループの中でもソユンの家族は
権力争いをしていましたが、もう辞めようというソユン。

果たしてグループの立て直しはできるのか。

それではあらすじをどうぞ。

●あらすじ7話
ドンソン会長にソユンは有償増資事を
このまま勧めることを話していた。

同じ頃、ソンジングループは明日にでも
ソンジェの手の中だとジョンヒはホヨンに話していた。

一方でソユンは家族会議を開いた。

ウォンジェとジョンユンに対し
父に従おうと告げるソユンだったが
2人はそれに反対。

しかしその様子はドンソン会長の元へ
電話で聞こえるようになっていた。

そしてミンジェはソユンに告訴され…

●あらすじ8話
ハンソン製鉄の技術をテジュは確保しようとするが
ソユンに中止するよう忠告をされてしまい
失敗に終わってしまう。

失敗してしまったことに責任を感じたミンジェは
テジュに謝った。

しかしテジュはこれはソユンのせいだと諭した。

一方で、ジョンヒはドンソン会長が脳腫瘍が
末期状態にあると聞かされていた。

そしてドンソン会長はソユンを呼んでくれと
ジョンヒに頼む。

だがジョンヒはソユンに病院には来るなと
ドンソン会長が言っていると嘘を伝え…

●あらすじ9話
ハンソン製鉄から手を引くことを提案するドンジンに
反発するテジュ。

そこでテジュは鉄製所のキム社長を脅し
無理やりソユンの資金繰り圧迫のことを
マスコミに話させた。

ソユンはダメージを受け落ち込んでいた。

するとソンジェが見かねてドンソン会長が
危篤状態だと伝えると、急いで病院へ向かうソユン。

その頃ドンソン会長の元にいたジョンヒは
今までのウップンを晴らすかのように
罵倒を浴びせていた。

そしてソユンは病院へつくのだが
すでにドンソン会長は亡くなっていて…

●感想
テジュの邪魔をしていたソユンは
裏でしていたことをリークされてしまいましたね。

圧力をかけていたことがバレて
立場が危うくなってしまいました。

そしてドンソン会長の死に目に
会えなかったソユン。

それにしてももう無くなりそうなドンソン会長に
今までの恨みを言いまくるジョンヒは鬼ですね(笑)

相当な恨みがあったんでしょうが
人間としてどうなんでしょうか…

ちょっと引いちゃいます…

会長がいなくなってソンジングループは
だれが仕切るんでしょうか。

見ものですね!

●おすすめの関連記事はこちら




黄金の帝国のキャスト&相関図はこちら
黄金の帝国キャスト&相関図

黄金の帝国のあらすじ全話一覧はこちら
黄金の帝国あらすじ全話一覧

黄金の帝国以外のオススメ韓国ドラマはこちら
オススメ韓国ドラマ一覧

黄金の帝国を動画で見る
黄金の帝国を動画で見る

黄金の帝国をDVDレンタルするならこちらが便利です(OSTもレンタルできます。)
黄金の帝国をDVDレンタルする

  にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
韓国ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村

ブログ内検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket