韓国ドラマ「リメンバー~記憶の彼方へ(息子の戦争)」全体のあらすじ

韓国ドラマ「リメンバー~記憶の彼方へ」の全体のあらすじです。

「リメンバー~記憶の彼方へ」の相関図、キャストを見るにはこちら

 

ジヌは、母と兄を事故で亡くし、今は父ジェヒョクと二人暮らし。

 

ある日、ジェヒョクは知り合いの女子大生の遺体を発見する。

ジェヒョクはアルツハイマーを患っており、記憶に曖昧な部分があった。

そのため、警察に不確かな証言をしてしまい、容疑者として逮捕されてしまう。

実は、イルホグループの御曹司ギュマンが真犯人だったのだ。

 

弁護士のトンホがジェヒョクの弁護人となった。

トンホは、ギュマンの評判の悪さを知っており、ジヌに同情する。

しかし、ギュマンの父イルホによって、トンホは追いつめられ、ジヌを裏切ってしまうのだった。

ジヌは、父を救うために弁護士となり、法廷での闘いが始まる・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国ドラマ「リメンバー~記憶の彼方へ(息子の戦争)」あらすじ1話(視聴率7.2%)

「リメンバー~記憶の彼方へ(息子の戦争)」1話の動画を視聴するにはこちら

ジヌは、司法試験に合格し、最年少弁護士となった。

ジヌの父ジェヒョクは、女子大生殺害の容疑で逮捕され、死刑を求刑されていた。

ジヌは、ジェヒョクの弁護人となり、4年ぶりの再審を担当することになる。

 

ジェヒョクは、アルツハイマーを患っていた。

その病状は、かなり進行しており、ジヌが息子だと認識できない程だった。

しかし、ジヌはジェヒョクの病状の進行に気づいていない。

 

ジヌは、無実の罪で逮捕された父親のことを思い、胸を痛めていた。

さらに、ジヌは警察が父親の病気を利用して濡れ衣を着せたことに激しく憤っていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国ドラマ「リメンバー~記憶の彼方へ(息子の戦争)」あらすじ2話(視聴率9.7%)

「リメンバー~記憶の彼方へ(息子の戦争)」2話の動画を視聴するにはこちら

事件当時、ジヌは高校生だった。

ジヌは、父親の無実を証明するために、高校を辞めて弁護士を目指した。

そして、ジヌは最年少で弁護士となったのだ。

 

4年ぶりに再審が開かれることになったが、ジェヒョクは、控訴しないと言い出してしまう。

ジヌは、弱気になっているジェヒョクを説得するのだった。

韓国ドラマ「リメンバー~記憶の彼方へ(息子の戦争)」あらすじ3話(視聴率11.7%)

「リメンバー~記憶の彼方へ(息子の戦争)」3話の動画を視聴するにはこちら

ジヌは、父親を救うためには弁護士の力が必要だと考えていた。

そして、母と兄の納骨堂に行った時、偶然弁護士パク・ドンホと出会う。

 

すぐさまジヌは、ドンホに父親の弁護をして欲しいとお願いをした。

ドンホは、多額の弁護料が必要だと言い放つ。

ジヌは、弁護を頼むならドンホしかいないと思っていた。

そしてジヌは、ヤミ博打で得た1億ウォンを手に、ドンホの事務所へ向かった。

 

イナは、ジヌを心配し、ジヌと一緒にドンホの事務所を訪れる。

ジヌは1億ウォンがあることを示し、ドンホに弁護をお願いするが、ドンホは申し出を断るのだった。

イナは、ドンホの悪評を知り、ドンホに弁護を頼むのを辞めるようにジヌを説得する。

しかし、ジヌはイナの言うことを聞こうともしない・・・

韓国ドラマ「リメンバー~記憶の彼方へ(息子の戦争)」あらすじ1話~3話の感想&ネタバレ

ジェヒョクがアルツハイマーであることを利用して、犯人に仕立て上げるなんて・・・

警察は、なんて非道なんでしょう!

ジヌの気持ちを思うと、いたたまれません。

ジヌは、ドンホに弁護を頼みますが、ドンホにはあまり良くない噂があるみたいですね。

このままドンホに弁護を頼むのは如何なものかと思います。

今後ジヌとジェヒョクの運命はどうなるのでしょうか。

続きが気になりますね。

リメンバー~記憶の彼方へのあらすじ4話~6話はこちら
↓   ↓   ↓
リメンバー~記憶の彼方へあらすじ4話~6話

リメンバー~記憶の彼方へのあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
リメンバー~記憶の彼方へのあらすじ全話一覧

韓国ドラマ「リメンバー~記憶の彼方へ(息子の戦争)」のその他の情報

リメンバー~記憶の彼方へのキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
リメンバー~記憶の彼方への相関図&キャスト

リメンバー~記憶の彼方へのOSTやDVDを探すならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
リメンバー~記憶の彼方へのOSTやDVDを探す

ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキングはこちら
↓   ↓   ↓
ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキング

韓国ドラマ情報室トップはこちら
↓   ↓   ↓
韓国ドラマ情報室トップ