韓国ドラマ「ニューハート」前回のあらすじ

韓国ドラマ「ニューハート」の前回のあらすじです。

「ニューハート」前回のあらすじ19話~21話はこちら

「ニューハート」の相関図、キャストを見るにはこちら

「ニューハート」あらすじ全話一覧をみるにはこちら

患者が発作を起こし、電話口で除細動器を使うよう指示するガングク。
しかし看護師は使えないのだが、ヘソクの指示という体にして使わせた。

この一件でヘソクは処分を受けるが、責任とってガングクが退職することになった。
ガングクの辞職撤回を求め、胸部外科医たちが院長に辞表を出して直談判する。

だが院長は辞表を受理したことで、反感を買って院長の解任要求まで発展。

一方、外科医として重要な右手をケガしたウンソンは…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国ドラマ「ニューハート」あらすじ22話(視聴率32.0%)

「ニューハート」22話の動画を視聴するにはこちら

職務停止処分を下された衝撃で、心筋梗塞を起こした院長。
テジュンが手術をするも、心臓移植をしないと状況となる。

ガングクしか頼れないが、彼はアメリカ行きの飛行機に搭乗していた。
ウンソンが戻ってくるよう電話で説明し、ヘソクは泣きながら説得する。

そしてウンソンとヘソクは、臓器を受け取るために向かうが…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国ドラマ「ニューハート」あらすじ23話 最終回(視聴率33.6%)

「ニューハート」23話(最終回)の動画を視聴するにはこちら

右手のリハビリを続けてるウンソンだが、思うようにいかない。

一方、卵巣がんが発見されたミナは、地方で手術することを決意。

そして引き返してきたガングクが院長を手術したことで助かった。
しかし移植した臓器との拒絶反応が出てしまう。

そんな中、ミナが手術で危険な状態となる。
だがテジュンの妻も虫垂炎で入院することになった。

ミナの状況を電話で聞かされたテジュンは…。

韓国ドラマ「ニューハート」あらすじ22話~23話(最終回)の感想&ネタバレ

最終回を迎えました。

ガングクの影響を受けて、胸部外科医を目指すウンソン。
院長を父にもちながら、自分の信念がしっかりしているヘソク。
紆余曲折あって二人は恋人となりましたね。

ガングクは、大事な人の死を乗り越えられてよかった。
どんな患者でも大切にする彼は、医師としてパーフェクトだと思います!

院長は一番憎たらしいキャラでした(笑)
何かと金金ばかりで、目先の利益しか考えていない!

医師としてどうなん?とは思いますが、それでもヘソクにとっては父。
死ぬかもしれないとなれば、助けてほしいと思いますよね。

助かってもなお、野望を忘れてはいなかったけど(笑)

ニューハートのあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
ニューハートのあらすじ全話一覧

韓国ドラマ「ニューハート」のその他の情報

ニューハートのキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
ニューハートの相関図&キャスト

ニューハートのOSTやDVDをネットレンタルするならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
ニューハートのOSTやDVDをネットレンタルする

ここでしか見られない韓国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービスはこちら
↓   ↓   ↓
ここでしか見られない韓国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービス

韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキングはこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキング

ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキングはこちら
↓   ↓   ↓
ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキング

韓国ドラマ放送予定一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマ放送予定一覧

サブコンテンツ一覧はこちら
↓  ↓  ↓
サブコンテンツ一覧

韓国ドラマ情報室トップはこちら
↓   ↓   ↓
韓国ドラマ情報室トップはこちら