【お知らせ】
韓ドラ最新情報をお届けします!
登録、解除は無料です。

韓ドラ最新情報

ライン@でも最新情報を受け取れます。
友だち追加

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

女優ムン・グニョンを最近見ていないなぁと思っていたら、闘病中だったんですね。

私、全く知らなかったので驚きました (@_@)

スポンサーリンク


女優ムン・グニョンの病名は?

なんだか聞いたことが無い難しそうな病名で「急性コンパートメント症候群」と言います。

「コンパートメント」とは? ⇒ 「筋区画」のこと(腕や脚の筋肉、血管、神経)

この「コンパートメント」に強い衝撃(主な原因は骨折、腕や脚を強く押しつぶす外傷、筋肉の激しい打撲など)を受けることが原因で起こります。

「コンパートメント」の回りには「筋膜」で覆われていますが、「筋膜」は伸縮しないので「コンパートメント」が腫れると「筋膜内」に異常な圧力がかかります。

そして「急性コンパートメント症候群」と診断されたら・・・

少なくとも4~8時間以内に筋肉や神経の壊死が生じるので、緊急手術しか選択肢がないそうです。

とにかく手術で「筋膜」を開き「コンパートメント」の圧力が引くまで開いたままにする手術です。

スポンサーリンク


女優ムン・グニョンはいつ発病したの?

2017年2月1日に舞台「ロミオとジュリエット」の地方公演直前に「急な腕の痛みを訴えて病院に行き診断を受けすぐに手術になったのですが、経過を見て2~3日後に追加手術の必要があり、その後も1~2回の手術を予定している」と事務所から発表。

ムン・グニョンは「チケットを買って舞台を楽しみにしてくれているファンをがっかりさせたくない!」と舞台に上がると訴えましたが、追加手術の後も安静にする必要があると説得し公演はキャンセルになったのです。

結局、4回の手術を終えて一定期間安静にした後リハビリをしていたのです。

2017年06月28日にムン・グニョンからファンへのメッセージがインスタグラムを通してありました。

ファンへの謝罪と感謝の言葉と「#私元気 #心配しないで #ごめんね #それより #もっと #ありがとう 」のハッシュタグをつけて。

スポンサーリンク


女優ムン・グニョンの活動再開

2017年9月7日に事務所から「ムン・グニョンが主演を務めた映画”ガラスの庭園”が参加する!”釜山国際映画祭”に出席をする」と発表がありました。

現在もリハビリは継続中ですが「釜山国際映画祭」に出席するため一層の努力中とのこと。

ムン・グニョン主演の映画「ガラスの庭園」は「第22回釜山国際映画祭」のオープニング作品に選定されたそうです。

「ガラスの庭園」は博士課程の研究員であるジェヨンが、驚愕の事件を描いたミステリー映画です。

「第22回釜山国際映画祭」は20174年10月12日~21日まで開催。

スポンサーリンク


まとめ

冒頭にも書きましたが、女優ムン・グニョンの緊急な病状のことなどを全く知りませんでしたが、2月から大変な思いをしていたんですね。

主演舞台のキャンセルという女優として最も過酷な選択を迫られたムン・グニョンは、身体の痛みと心の痛みとも闘いながらのリハビリは辛かったでしょうね。

でも、10月には元気な姿で会えることを楽しみにしていますので、リハビリを頑張ってくださいね、応援しています。

その他管理人の一言日記を見るにはこちら
↓  ↓  ↓
管理人の一言日記一覧

ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキングはこちら
↓   ↓   ↓
ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキング

韓国ドラマ放送予定一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマ放送予定一覧

韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧

韓国ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
韓国ドラマあらすじ一覧

韓ドラの最新情報をお届けします。
登録、解除は無料です。


ライン@でも最新情報を受け取れます。
友だち追加