中国(華流)ドラマ「慶余年」全体のあらすじ

中国(華流)ドラマ「慶余年」の全体のあらすじです。

「慶余年」の相関図、キャストを見るにはこちら

「慶余年」あらすじ全話一覧をみるにはこちら

大学で文学部を専攻する張慶は、現代の考えで古代史を読み解くことを考える。
しかし、教授に却下されると納得させるために小説「慶余年」を書くことに。

一方、物語の主人公は、難病で亡くなると古代に過去の記憶を持ったまま転生する。
そして、南慶国司南伯の范建の隠し子の范閑として武術や毒の勉強をする。

そんな中、青年となった范閑は、京都から迎えによって范家に到着する。
そこで、殺害された母親の商売「内庫」が皇室にあると知る。

同じ頃、「内庫」を得たい皇帝は、范閑に林婉児との結婚を命令し・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「慶余年」あらすじ1話

「慶余年」1話の動画を視聴するにはこちら

張慶は、大学で葉教授に自身の研究を認めてもらえずにいた。
そこで、難病を抱えた青年が現代から別の世界に転生する小説を書くことに。

一方、主人公の范閑は、祖母の暮らす澹州で賢い少年へ育つ。
そして、京都へ妹の范若若が戻って一人寂しく暮らす。

そんな中、鑑査院三処主務の費介が范閑の師匠として現れ・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国(華流)ドラマ「慶余年」あらすじ2話

「慶余年」2話の動画を視聴するにはこちら

紅甲の騎士が京都へ范閑を連れて行くためにやってくる。

同じ頃、范閑は、死んだ母親の護衛を務めた五竹に質問する。
すると、自身の食事に毒が入れられる事件が発生する。

一方、毒を入れた犯人の鑑査院四処に所属する滕梓荊。
そして、密命をうけていた事で自分を殺害する様に懇願する。

そんな中、殺されかけた范閑は、理由を知るために京都へ向かい・・・

中国(華流)ドラマ「慶余年」あらすじ3話

「慶余年」3話の動画を視聴するにはこちら

范閑は、京都へ馬車に乗って辿り着くと慶廟に行く。
すると、宰相の林若甫の娘である林婉児に一目ぼれする。

そんな中、鶏肉を渡す彼女を追いかけれず范家へ馬車がついた范閑。

同じ頃、継母の柳如玉は、范閑を困らせようと待ち構える。

一方、范閑は、小さい頃に別れたままの范若若と久しぶりに会い・・・

中国(華流)ドラマ「慶余年」あらすじ1話~3話の感想&ネタバレ

范閑、小さいころから大変そうですね。
京都へ連れて行かれそうになる時、祖母は反対していたし・・・

結局は、毒を入れられる原因を探るために自ら京都行きを志願しました。
義母は厄介そうですが、妹との再会は良かったな。

命を狙うような出来事があったくらいだから、范閑が心配だな。

張慶も教授に認めてもらうためとはいえ、文才なのかな。
次回もお楽しみに!!

慶余年のあらすじ4話~6話はこちら
↓   ↓   ↓
慶余年あらすじ4話~6話

慶余年のあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
慶余年のあらすじ全話一覧

中国(華流)ドラマ「慶余年」のその他の情報

慶余年のキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
慶余年の相関図&キャスト

中国(華流)ドラマのOSTやDVDをネットレンタルするならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
中国(華流)ドラマのOSTやDVDをネットレンタルする

ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービスはこちら
↓   ↓   ↓
ここでしか見られない中国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービス

サブコンテンツ一覧はこちら
↓  ↓  ↓
サブコンテンツ一覧

中国(華流)ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
中国(華流)ドラマあらすじ一覧