【お知らせ】
韓ドラ最新情報をお届けします!
登録、解除は無料です。

韓ドラ最新情報

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

KNTVで10月7日からドラマ「君主~仮面の主人」が日本初放送されていますが、あなたはご覧になっていますか?

W主演になるユ・スンホとキム・ソヒョンは、2人とも子役出身で出演作が多すぎてスゴイ出演歴の持ち主なのは皆さんも御存知の方達ですよね。

今回は気になるドラマ「君主~仮面の主人」に主演している俳優ユ・スンホについてお話しします。

スポンサーリンク


ユ・スンホは有名大から特例入学の誘いを受けていた?

韓国の一部、演技芸術学科がある大学には芸能人が多く、その中には受験をしないで”特例入学”した人も過去には多く存在したようです。

ユ・スンホにもその疑惑が持ち上がりましたが、事務所からは「ユ・スンホは大学進学を諦める事に決定した、これは演技を続けながら大学で勉強する時間が取れないとユ・スンホ本人が決定したことだから、特例入学の話など初めから無かった。」と一蹴。

スポンサーリンク


大学入学を諦めた途端に兵役を選択したユ・スンホ

大抵の芸能人が芸能活動を本格的に開始するのは20代に入ってからで、20代途中で兵役の為に2年間のブランクを嫌がり期限ギリギリの29歳で兵役につく人がほとんどです。

韓国の一般人は若い年齢で入隊する人への好感度がUPすると、同時に20代半ばくらいになると「いつ兵役に行くんだ」と視線も厳しくなってきます。

その点、子役出身で実力、人気ともに実績のあるユ・スンホはあえて若い満19歳で兵役を選択しました、しかも芸能兵士ではなく現役兵を志願したんです!

この強みが大きかったことは事実ですが、入隊の時も静かに入隊した姿勢が更に好感度を上げたのです。

事務所から出されたユ・スンホのメッセージもなかなかで「自分は俳優である前に、韓国人の男性ですから国防の義務を果たすのは当然の選択です。」と、きちゃぁ「こりゃ1本取られたねー。」と言いたくなる程のできの良さです。

私見ではありますが、子役時代から芸能界一筋で走り抜けてきたユ・スンホも違う世界が見たかったのかもしれないな・・・と思っています。

ユ・スンホの本音はどうであれ、この行動と発言をしてのけたユ・スンホは、たいへん賢い方だとお見受けしました。

スポンサーリンク


韓国での徴兵制度とは?

韓国の男性は満18歳になると国防の義務として兵役の為に徴兵検査を受け、判定結果を貰います。

判結果により区分わけされます。(1級から7級)

ちなみに1級から3級は現役兵、4級は社会服務要員、5級は外国籍所持者や性転換者等の条件に該当する人物で兵役にはつかず”有事時出動扱い”となります。

そして6級は脱北者や通常服務が不可能と判断される持病や心身障害を持つと診断された者、7級は”再検査対象者”と区分が別れています。

スポンサーリンク


ユ・スンホは入隊後に後悔していた!

ま、以上のようなことでユ・スンホは陸軍部隊を志願し入隊しました。

このときの事を除隊後のインタビューで話しています。

「子供の時から国を守る軍人の姿に憧れていたしカッコイイと思っていたので、小さい時の夢は軍人になることだった。」

本人にとっては芸能兵なんて全く頭に無かったのですね、そして当然のように野戦部隊と希望を出しました。

が!(恐らく基礎訓練中だと思いますが)「野戦部隊に入隊した途端、後悔しました。」と。

なぬ?!後悔とはいかに?・・・せっかくココまでは男らしい決断だと褒めてきたのに・・・。

ユ・スンホが配属されたのは江原道(カンウォンド)華川郡27師団(イギジャ部隊)でしたが、入隊して軍服に赤色の帽子を被っている出で立ちを見た途端「ココじゃなかったー!」と後悔したそうです。

そうです! ユ・スンホが小さい頃から憧れていた軍服は赤色の帽子の部隊ではなかったんですねー、賢い子だと思っていたらおマヌケちゃんだったようです。

スポンサーリンク


配属が助教に異動になったユ・スンホ

ユ・スンホは基礎訓練後、陸軍捜索大隊に配置された後に、助教(後輩の軍人の教育担当)に異動し、除隊まで助教として兵役期間を全うしました。

本人曰く厳しい助教だったそうで、新人が入隊するとユ・スンホを見て「あれ、ユ・スンホじゃね?」という声が聞こえたら大変厳しい指導をしたそうです。

しかし、ユ・スンホ本人も入隊から除隊するまで先輩兵に厳しく指導されたことが、こんなに苦労するものなのかと思っていたそうです。

その甲斐あって部隊では個人用のライフル担当だったユ・スンホは「足でも撃てるくらい上手くなった、先輩兵に怒られながら練習すると上手くなるものだ。」と言っています。

スポンサーリンク


除隊式での涙の挨拶

芸能生活一筋で生きてきたユ・スンホは軍隊で想像以上の苦労を知り、怒られたり怒ったりとしながら除隊の日を迎えました。

この時は集まったマスコミ連中やファンに対し「2013年3月15日に入隊する際には、挨拶もせず突然入隊したことを謝りたい、服務中もファンからの応援メーセージに支えられたことに感謝している、せめて除隊式でこうして挨拶できて幸せに思う。」と涙をポロポロ流しながら挨拶をしました。

スポンサーリンク


まとめ

ユ・スンホが除隊式で大粒の涙を流して挨拶するする姿は覚えていましたが、今、あの涙の理由が分かりました。

小さい頃から憧れていた軍人生活は相当過酷な生活でもあり、たくさんの経験を積むことができたんですね。

若くして兵役が済んだユ・スンホは何の心配もなく、気に入った作品のオファーを受けることができますね。

これからも素晴らしい演技で、私たちを楽しませてくれるでしょう。

今後も応援しますね。

その他管理人の一言日記を見るにはこちら
↓  ↓  ↓
管理人の一言日記一覧

韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧

韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキングはこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキング

韓国ドラマ放送予定一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマ放送予定一覧

ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキングはこちら
↓   ↓   ↓
ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキング

韓国ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
韓国ドラマあらすじ一覧

韓ドラの最新情報をお届けします。
登録、解除は無料です。