FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

7月16日、韓国での芸能ニュースで報じられたチャン・グンソクキム・ウビンの入隊に関するニュースの話題です。



スポンサーリンク


7月16日に入隊したチャン・グンソク

7月16日の数日前に発表して電撃入隊したチャン・グンソクです。

チャン・グンソクは、忠清北道(チュンチョンブクド)報恩(ポウン)郡社会服務研修センターに”入校”し、4泊5日の社会奉仕服務基本教育を受講することになりました。

本来ならばその後、服務につく管轄の陸軍訓練所に”入隊”して4週間の基礎軍事訓練を受けた後、社会服務要員として2年間服務につきます。

しかし、特例で精神病歴が理由で社会服務要員の判定を受けた場合は、軍事基礎訓練対象者から除外されるそうなので恐らくチャン・グンソクは軍事基礎訓練は受けない見通しです。

元々チャン・グンソクがなかなか入隊しないため世間では「兵役逃れか?」「芸能人だから優遇されているのでは?」と憶測が飛んでいたのに、電撃入隊発表と同時に「双極性障害(躁うつ病)」の病歴発表は、ショッキングなニュースでした。

しかし、アンチファンが多いチャン・グンソクへの批判は高まり「4級判定(社会服務要員)された2011年以降もチャン・グンソクは活発に芸能活動を行っていた」「現役服務が困難なほどの精神疾患を患いながらドラマ『スイッチ-世界を変えろ』に出演していたのか?」などと、チャン・グンソクは入隊しなくても批判され、入隊しても批判されています。



スポンサーリンク


7月16日が誕生日のキム・ウビン

一方、同じ7月16日のニュースでは、キム・ウビン所属事務所が公式インスタでキム・ウビンの写真をアップしました。

写真は現在のものではありませんが、誕生日ということで「happy birthday」と「ある日何事もなかったように、帰ってくるのを待っています」とコメントを掲載しました。

キム・ウビンは、昨年5月に上咽頭がんを公表し現在も治療中ですが、身体の状態についての記載はなく取材に対しても「治療中」と回答しただけで具体的な回復の様子には一切触れていません。

キム・ウビンは抗がん治療を終了直後に入隊通知を受けましたが、再身体検査を受け身体等級6級で”入隊不可判定”を受けています。

7月16日にキム・ウビンのニュースが流れた中で、人々の反応は「回復を祈る」内容が多く、もちろん入隊不可になったことへ批判する声はわずかです。(批判する人はいます)



スポンサーリンク


まとめ

7月16日、”入隊”して批判されたチャン・グンソクと”入隊不可判定”を受けても応援されるキム・ウビンのニュースが伝わってきました。

皮肉な”入隊関連”ニュースで明暗を分けた2人ですが、チャン・グンソクが除隊する2年後にキム・ウビンが元気に活躍していることを願います。

チャン・グンソクも子役時代から芸能界で過ごしてきた年月の疲れを取り、自分自身を見つ目直した後、どんな変化が起こるのか?を実は楽しみにしています。

その他管理人の一言日記を見るにはこちら
↓  ↓  ↓
管理人の一言日記一覧

韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧

韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキングはこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキング

韓国ドラマ放送予定一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマ放送予定一覧

ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキングはこちら
↓   ↓   ↓
ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキング

韓国ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
韓国ドラマあらすじ一覧

関連記事