FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

韓国で3月3日から毎週土日(週末ドラマ)で放送開始したばかりの、カン・ジファン主演のドラマ「小さな神の子供たち」が早くも人気上昇中のようです。



スポンサーリンク


ドラマ「小さな神の子供たち」のストーリー

物事はすべて理論で語るIQ167の天才刑事(カン・ジファン)と近い将来を予知夢や幻想で知ることができる女性刑事のキム・ダン(キム・オクピン)。

全く異なる捜査主義の2人がコンビとなり、過去に例を見ない不思議な事件の影に巨大な組織があることに気づき、その組織の陰謀を暴くというミステリー要素の高い刑事ドラマです。



スポンサーリンク


第1回目の放送から話題に

予知夢や幻想で近い将来に起こる事件を見ることができる刑事という設定が斬新だと、放送前からドラマ「小さな神の子供たち」に対する期待は大きかったようです。

実際に放送されたストーリーでは、相反する2人の刑事のキャラクターを前面に出して、カン・ジファンはわずかな誤差も許さない数字と理論的な発想をする刑事役で、自分の知識をとことん出さないと気がすまない性格で「説明男」と揶揄される存在。

第1話から謎の集団自殺事件が発生し、2人の刑事が出会うことに・・・そして2年後、ホームレス姿になったカン・ジファンの姿がラストシーンになり、この空白の2年間に何が起きたかを期待させるラストシーンで視聴者をくぎ付けに。



スポンサーリンク


韓国の視聴率集計方法に驚いた

視聴率も第4話までの集計が発表されていますが、私は視聴率の数字よりも韓国での視聴率の集計方法に驚きました。

ちなみに第4話の視聴率は・・・

①有料のプラットフォーム基準全国世帯視聴率は平均2.9%、最高3.5%に上り、自己最高視聴率を記録

②男女2549ターゲット視聴率は平均2.9%、最高3.3%の結果も自己最高記録

③女性30代の視聴率は平均4.2%、最高4.6%

④男性40代の視聴率は平均4.1%、最高4.9%(ニールセンコリア全国基準)

この細かい視聴率集計方法にびっくり仰天でございます∑( ̄Д ̄; ) さすがドラマ大国!数字にこだわりターゲットを狙い打ちですね。

視聴率集計を行っているのは「ニールセンコリア」と「TNmS」の2社あるそうで、韓国の視聴者はTV放送よりもインターネットで見る人が増えてるらしく「自宅PC」「職場PC4」「自宅か職場PC」等で集計しているので、ターゲットが年齢や性別での集計ができるみたいですね。



スポンサーリンク


まとめ

主演のカン・ジファンはドラマ撮影前に入念な準備をする俳優ですので、今回もエリート刑事を演じるにあたり「シャープな外見」を作るために体重を7㎏減量して臨みました。

さらに自分の知識を存分に披露するということは、膨大な量のセリフを発することになるのでセリフを覚えることに苦労しているみたいです。

そんな俳優、スタッフの苦労があり世間からは「スリラーコメディ」という新しいジャンルを作ったと大変好評なんですって!

ひとつ残念なのは出演俳優のチョ・ミンギが、セクハラ、パワハラ疑惑で警察に事情聴取されることになり自殺で亡くなってしまったことです。

チョ・ミンギは6話までの収録が完了してして、登場の分量もそんなに多くないそうですが、急な訃報に制作サイドは今後の対応を「まだ何も決まっていない」とコメントするのが精一杯の状態です。

せっかくいいスタートを切っただけに、この訃報の1件だけが非常に残念に感じます。

しかし、気持ちを切り替えて今後もドラマの動向に注目ですね☆

⇒小さな神の子供たちあらすじ全話一覧はこちら

その他管理人の一言日記を見るにはこちら
↓  ↓  ↓
管理人の一言日記一覧

韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧

韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキングはこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキング

韓国ドラマ放送予定一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマ放送予定一覧

ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキングはこちら
↓   ↓   ↓
ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキング

韓国ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
韓国ドラマあらすじ一覧

関連記事