FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

韓国ケーブル放送局でヒットドラマを次々と送り出しているJTBCの月火ドラマで2018年7月16日に最終回を迎えた「ミスハンムラビ」です。

ミスハンムラビ」は法廷ドラマですが、今までの法廷ドラマとは全く異なるドラマでした。

その理由は原作を執筆したのが小説家ではなく裁判官が書いたということ、そしてドラマの台本もその人が執筆したということです。

ミステリーでもなく奇想天外でもない民事裁判を通して視聴者は、身近にある犯罪や宣告される罪状がリアルに心に響いたことが大きかったようです。



スポンサーリンク


「ミスハンムラビ」早くも日本初放送決定!

私は個人的にミステリーやアメリカのFBI捜査官のドラマが好きなので、この「ミスハンムラビ」も一風変わったドラマということで注目していました。

韓国でも最終回が最高視聴率で終了した評判の高いドラマに仕上がったことも、興味津々になった理由です。

「早く見たいなー」と思っていたら、日本初放送予定が決定しました!

2018年9月15日(土)から毎週土曜日23:15~深夜1:45の枠で2話連続放送です☆彡



スポンサーリンク


「ミスハンムラビ」の出演俳優にも注目!

私が「ミスハンムラビ」に注目したのは、ドラマのストーリー性だけではないのです(〃 ̄ー ̄〃)

主演が可愛いイケメンINFINITEのエル(キム・ミョンス)なんですよ~ワクワク ((p’∀’q)) ワクワク

もう可愛くて可愛くてだーーーーーい好きです♪

エル(キム・ミョンス)は成績優秀な原則に忠実なエリート判事役でした。

現実主義だったエリート判事が、アラ(コ・アラ:Ara)演じる理想主義の判事と関わるうちに人間味を持つようになる過程も上手く演じました。

原作の役柄とシンクロ率が高いと評判になったエル(キム・ミョンス)ですが、インタビューでは役作りのために努力を惜しまなかったことを話しています。

原作のイメージに近づくように原作も何度も読み、実際の法廷を何度も傍聴し裁判に関わる人たちの動きなども研究し、原作者とも何度も話し合いを重ねてイメージ作りを確立していきました。

ミョンスだけじゃなく、アラ(コ・アラ:Ara)との恋模様も気になるし部長判事役のソン・ドンイルがいいんですよね~。

ソン・ドンイルって悪役も善人もどちらもOKだし、そこにいるだけで存在感バツグンのこちらも大好きな俳優です。



スポンサーリンク


まとめ

私の期待度の高さが伝わりましたでしょうか?

9月の放送前に当サイトで「ミスハンムラビ」のあらすじチェックしてくださいね☆彡

その他管理人の一言日記を見るにはこちら
↓  ↓  ↓
管理人の一言日記一覧

韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧

韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキングはこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキング

韓国ドラマ放送予定一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマ放送予定一覧

ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキングはこちら
↓   ↓   ↓
ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキング

韓国ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
韓国ドラマあらすじ一覧

関連記事