FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

韓国ドラマ好きな私たちの好きな俳優たちは「最近ドラマで見ないな~」と思っていると、ミュージカル舞台に出演していることが多いんですよね。

韓国ではミュージカルも人気で何度も上演される作品も多いんですよ。

今回はその中から「ヘドウィグ~アングリーインチ」について紹介します。

スポンサーリンク

「ヘドウィグ~アングリーインチ」について

ミュージカルの本場、アメリカのロードウェイで1997年に初演し何度もロングランの記録を続けてきたミュージカルです。

韓国でも2005年4月初演以降、キャストを変えてほぼ毎年上演され続け全席スタンディングにもかかわらず、全席完売が数百回という人気の舞台です。

また日本でも主演が三上博史や山本耕史などで何度か上演されています。

「ヘドウィグ~アングリーインチ」のストーリーは、性同一性障害を持つロックシンガーのヘドウィグが性別適合手術を受けるものの手術は失敗、その股間には「怒りの1インチ(アングリー・インチ)」が取り残されてしまいます。

こうしてヘドウィグは男性でも女性でもない微妙な性別となりますが、姿は妖艶でスタイルもよく歌も上手いロックシンガーの人生を歩みます。

その後いろいろと紆余曲折し、自分の中途半端な性別を呪い、苦しみながら生きていくヘドウィグに同じロックシンガーを目指す年下の少年と出会います。

ヘドウィグは心の底から彼を愛し、彼を愛し応援することに心血を注ぎますが悲劇が訪れます。

その彼に「怒りの1インチ(アングリー・インチ)」の存在を知られてしまい・・・。

というなかなか面白そうなストーリーですよね、私も韓国に行く時にタイミングが合えばぜひ観たいと思っている舞台です。

「ヘドウィグ~アングリーインチ」はストーリーだけでなく、使われている楽曲が全て素晴らしいと称賛されていますし、また上演するたびにキャスティングされる俳優たちの妖艶な女装姿も話題なことも興味深々な理由の一つです。

スポンサーリンク

「ヘドウィグ~アングリーインチ」主演俳優たちの紹介

日本のミュージカル舞台でも同様ですが、一つの舞台には配役がダブルキャストなど多くの俳優が出演します。

韓国の「ヘドウィグ~アングリーインチ」主演俳優も上演ごとに俳優が変わり、しかもダブルキャストだったりするので歴代の主演俳優の人数は大勢います。

もともと私が「ヘドウィグ~アングリーインチ」のことを知ったのが、ファンである俳優キム・ジェウクが入隊直前まで主演を務めて「最高に美しいヘドウィグ」と好評だったのに、急遽徴兵されて途中降板になったといういきさつがあります。

この時ヘドウィグ役はキム・ジェイク以外に3人の俳優が主演していたので、たしかキム・ジェウクが抜けた穴は他の俳優でカバーしたような記憶があります。

ちなみに他の3人の俳優ではチョ・ジョンソク(「嫉妬の化身」「ああ、私の幽霊さま」主演等)やSHINWAのキム・ドンワン(「がんばれミスターキム」主演等)の配役でした。

時期は違いますが、ヘドウィグ役を演じた俳優はチョ・スンウ(「秘密の森」「馬医 」等)やユ・ヨンソク(「浪漫ドクターキム・サブ 」「幸せのレシピ~愛はメンドロントット」等)が主演しています。

もうこの方々のヘドウィグがそれぞれ美しいことったらないんですよ!!!

皆さん、妖艶な美しさで甲乙つけがたい!

主演俳優がどの俳優でも観たい!!

スポンサーリンク

まとめ

久しぶりに力を込めて書いてしまいました キタ───m9(^Д^)───!!

皆さんもミュージカル舞台「ヘドウィグ」に興味を持っていただけましたでしょうか?

「ヘドウィグ~アングリーインチ」はブロードウェイで新演出に変更されたので、韓国版も「ヘドウィグ~ニその他管理人の一言日記を見るにはこちら
↓  ↓  ↓
管理人の一言日記一覧

韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧

韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキングはこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキング

韓国ドラマ放送予定一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマ放送予定一覧

ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキングはこちら
↓   ↓   ↓
ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキング

韓国ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
韓国ドラマあらすじ一覧ューメイクアップ」とタイトルを少し変更して上演されたようです。

恐らく今後も再演が続くと思いますから、皆さんの心に留めておいていただければ幸いです。