FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

韓国女優ハ・ジウォンはドラマ「シークレットガーデン」「奇皇后」「バリでの出来事」など数々の代表作を持つ女優です。

最近では「病院船」で主演を務めました。

ハ・ジウォンがドラマに出演すると、ヒット確定!というくらい老若男女問わず人気のある安心して見れる作品ばかりです。

そんなハ・ジウォンですが、出演映画がことごとく大コケという黒歴史の持ち主だということはご存知でしたか?



スポンサーリンク


ハ・ジウォンデビュー当時の出演映画

高校3年生の1996年にドラマデビューをしたハ・ジウォンですが、デビュー翌年の2000年に映画「真実ゲーム」に出演しています。

同年には映画出演が相次ぎ「リメンバー・ミー(原題:同感)」「友引忌:ともびき(原題:はさみ)」に出演。

そして、第37回大鐘賞新人女優賞&第23回ゴールデン撮影賞最優秀人気女優賞「真実ゲーム」、第1回釜山映画評論家協会賞新人女優賞&第21回青龍映画賞助演女優賞「リメンバー・ミー(原題:同感)」などの新人賞を総なめで大型新人登場!と期待されます。

さらに2002年「ボイス(原題:携帯電話)」では主演に抜擢。
とくに「友引忌:ともびき(原題:はさみ)」では自殺した女子高生役で怖ーい印象を残し、「ボイス(原題:携帯電話)」もホラー映画だったことで韓国では”ホラークイーン”と呼ばれるほど恐怖に陥れました。

2002年には映画「色即是空」では、一変してセクシーコメディ映画ですが、当時このジャンルの映画がなかった為この作品もヒットしました。

その後に出演したTVドラマでは2003年から「チェオクの剣」「バリでの出来事」「ファン・ジニ」「シークレットガーデン」「キング~Two Hearts」「奇皇后」等、韓流ドラマファンならご存知の有名作品への出演を続けます。



スポンサーリンク


最近のハ・ジウォン出演映画の興行成績

ドラマではヒット連続でしたが、一方でハ・ジウォン出演映画の黒歴史は2011年から始まります。

・2011年「七鉱区」220万人

・2011年「コリア」190万人

・2014年「朝鮮美女三銃士」48万人

・2015年「許三観(ホサムグァン)」96万人

・2016年「命をかけた恋愛」(韓国台湾合作映画)5万人

・2018年「マンハント」(中国制作でオール日本ロケ映画:福山雅治等日本人俳優も出演)3,700人

どうよ、これ・・・( ;´∀`)ァリャリャ「マンハント」なんて3,700人って目を疑ったわよ、ちなみに初日の韓国での観客数は356人だって!オーマイガー!



スポンサーリンク


まとめ

大好きな女優ハ・ジウォンの黒歴史と言ってもいいくらいの、悲惨な興行成績を紹介しました。

ハ・ジウォンの演技力の評価は高いのですが、脚本を選ぶ基準が間違っているのでは?という声があがっているそうです。

事務所とマネージャーもしっかりとハ・ジウォンのフォローをしてあげて~アヒャヘ(゚∀゚*)人(*゚∀゚)ノアヒャ

その他管理人の一言日記を見るにはこちら
↓  ↓  ↓
管理人の一言日記一覧

韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧

韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキングはこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキング

韓国ドラマ放送予定一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマ放送予定一覧

ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキングはこちら
↓   ↓   ↓
ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキング

韓国ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
韓国ドラマあらすじ一覧

関連記事