FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

私たちが韓国ドラマにハマる理由の一つに韓国人俳優、女優たちの飛びぬけた演技力の影響も多いと思います。

日本では劇団や現場で経験を積み重ねて演技力を磨いていくのに対して、韓国の俳優、女優たちは大学で演劇や映像について専門的に学んだ人が多いですよね。

演劇・映像学科のある大学と出身俳優たちを紹介してきましたが、今回が最後になります。

さて、今回紹介する大学は檀国大学、ソウル芸術専門大学出身の俳優、女優たちを紹介しましょう。



スポンサーリンク


檀国(タングク)大学校

1947年に開校した創設者が日本の明治法律学校(現・明治大学)と関係があったようですが、1998年に学校法人檀国大学が倒産し、2007年にソウルキャンパス(ソウル市龍山区)の血t土地を売却後、竹田キャンパス(京畿道龍仁市)に移転した経緯がある大学です。



スポンサーリンク


檀国大学出身の俳優・女優たち

【在校生】

チ ・チャンウク(主な出演ドラマ:「奇皇后」「怪しいパートナー」「ヒーラー」等)

チ ・チャンウクは公演映画学部を2013年2月に卒業後、文化芸術大学院公演芸術学科在学中(現在兵役中)

ソ・ドヨン(主な出演ドラマ:「秋のカノン(美しいあなた)」「春のワルツ」等)公演映画学部在学中

【卒業生】

・2PMオク・テギョン(主な出演ドラマ:「君を守りたい~SAVE ME(助けて)」「戦おう、幽霊(キスして幽霊)」「君のそばに~Touching You」等)

※オク・テギョンは檀国大学 経営学部卒業後、高麗大学国際大学院国際協力学専攻在学中(現在兵役中)

・ユ・アイン(主な出演ドラマ:「シカゴ・タイプライター」「六龍が飛ぶ」「密会」等)

イ・ヨウォン(主な出演ドラマ:「僕は彼女に絶対服従~カッとナム・ジョンギ」「善徳女王」「馬医」等)

・キム・ヒョンジュ(主な出演ドラマ:「家族なのにどうして」「パートナー(2009年、KBS)」「きらきら光る」等)

ハ・ジウォン(主な出演ドラマ:「奇皇后」「シークレット・ガーデン」「ファン・ジニ」等)

以上の通り、檀国大学出身者はビジュアルの良い方が揃っていますね(特に男性陣♪)

「奇皇后」の主演2人も同じ大学出身者なんですね、共通の話題があったからか、ドラマでも2人の息はピッタリでした。



スポンサーリンク


ソウル芸術大学校

ソウル芸術大学は、1958年に設立されていますがその後、名称変更を繰り返し1998年にソウル芸術大学校になりました。

【卒業生】

パク・ソジュン(主な出演ドラマ:「サムマイウェイ」「花郎(ファラン)」「彼女はキレイだった」等)

・キム・ジェウク(主な出演ドラマ:「愛の温度」「赤と黒」「メリは外泊中」「コーヒープリンス1号店」等)

・ソン・チャンウィ(主な出演ドラマ:「私の男の秘密」「ドクターフロスト」「大風水」等)

以上、芸術大学という割には出身者が少ないですね。

ということで番外編で、もう1校紹介します。



スポンサーリンク


東亜放送芸術大学校

この大学は1997年に開校しましたが、名称変更を繰り返し現在は東亜放送芸術大学校になっております。

この大学は、韓国では「芸能人士官学校」と呼ばれるほど多くの俳優、ミュージシャンが卒業しています。

現在の韓国において国内放送芸術系大学のの最上位クラスと称されています。(2018年の入試希望者が定員オーバーになるほどの高倍率)

また広大な敷地内には、2009年DIMA総合撮影所が完成、国内最大規模の大型スタジオを持ち、本格的な商業映画などの撮影に使用されています。

中でも2010年公開のウォンビン主演映画「アジョシ(おじさん)」を撮影し、映画が大ヒットしたことで、「DIMA総合撮影所で撮影した映画ヒットする」興行に成功するという評判になりました。

【卒業生】

イム・シワン(主な出演ドラマ:「 王は愛する」「ミセン(未生)」「トライアングル」等)

・イ・グァンス(主な出演ドラマ:「大丈夫、愛だ」「優しい男」)

以上、ドラマ出演の多い俳優以外に映画専門の俳優やコメディアンなどの名前もありますが、卒業生で現在活躍しているのは歌手がとても多いです。



スポンサーリンク


まとめ

3回に分けて紹介しました「演劇・映像学科大学と出身俳優たち」でした。

韓国の学歴社会を反映しているのか、それとも演技を大学で教わると大きく変わるのかは不明ですが、韓国人俳優、女優たちの学歴意識の高さと頭脳明晰な点は理解できました。

今回の紹介では省略しましたが、IQの高い人も結構いるんですよ。

日本の芸能人だと、中卒(高校中退)や高校も夜間学校や通信教育という人も多いですよね。

中には有名な芸能人学校の堀越学園や宝塚音楽学校とかもありますが、大学とは違います。

学歴と演技力の関係は良くわかりませんが、私はもう何年も日本のドラマは見ていません。

例えばNHKの大河ドラマだと昔は実力派の俳優、女優たちが1年がかりで放送する重厚なドラマで、見ごたえがありました。

でも、いつの間にか主演をアイドルが務めるようになってから、途端につまらなくなりました。

その点、韓国ドラマは若手俳優もアイドル出身者も安定した演技力で、見ごたえがあるんですよ。

だから私たちは韓国ドラマにハマってしまうのかもしれないなと、ふと感じて今回の内容に至りました。

韓国ドラマファンの皆様、これからも韓国ドラマを堪能しましょうね。

その他管理人の一言日記を見るにはこちら
↓  ↓  ↓
管理人の一言日記一覧

韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧

韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキングはこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキング

韓国ドラマ放送予定一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマ放送予定一覧

ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキングはこちら
↓   ↓   ↓
ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキング

韓国ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
韓国ドラマあらすじ一覧

関連記事