韓国ドラマ「左利きの妻」前回のあらすじ

韓国ドラマ「左利きの妻」の前回のあらすじです。

「左利きの妻」前回のあらすじ82話~84話はこちら

「左利きの妻」の相関図、キャストを見るにはこちら

「左利きの妻」あらすじ全話一覧をみるにはこちら

ナムジュンはサンハとチャンスを救おうとするスホに殺人者の息子だと称える。

スホとナムジュンはもみ合いをして、エラが事故に遭ってしまった後、スホ、サンハ、ゴンイが楽しい時間を過ごす中、不幸が訪ねてくる。

サンハと同じ顔の女性が登場した中、オラ家はエラの出版のことで大きく怒る。
そんな中、スホは…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国ドラマ「左利きの妻」あらすじ85話(視聴率18.8%)

「左利きの妻」85話の動画を視聴するにはこちら

サンハの忌日。
エラはナムジュンが生きていると考える。

病院と訪ねたジェムマ。
ゴンイはジェムマを母と呼ぶ。

一方、スホの前に現れたのは…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国ドラマ「左利きの妻」あらすじ86話(視聴率17.0%)

「左利きの妻」86話の動画を視聴するにはこちら

スホに話をかけるナムジュン。
スホの父親(へチョル)はジェムマと一緒だった。

ナムジュンと再会したエラ。
スホは母親の死について分かる。

そんな中、エラは誰かを見て驚くのに…

韓国ドラマ「左利きの妻」あらすじ87話(視聴率17.5%)

「左利きの妻」87話の動画を視聴するにはこちら

へチョルの無罪が分かり、嗚咽するスンイム。
エラはジェムマの存在に当惑を感じる。

約35年前、死を傍観したエラ。
ジェムマはスホを脅迫する。

一方、ジェムマの存在が分かったサンハ家族たちは…

韓国ドラマ「左利きの妻」あらすじ85話~87話の感想&ネタバレ

前回の最後で登場した、サンハと同じ顔をしたけど、スホを全然知らないようだった女性、ジェムマ。
今回ではジェムマがサンハである確実が99%まで!
ただハヨンが“ジェムマは私のお姉さん”と言ったら偶然の偶然でそうかも知らないと思うかも知らないんですけど…

1年前にサンハを拉致して、サンハと一緒に自殺したようだったナムジュンが再び現れたことに加え、ジェムマがダニエル(ナムジュン)は自分と結婚を約束した人であるということでジェムマがサンハであるという疑問がほぼ真実だと思われるようなりましたよね…
スホが元の顔から変ったことに記憶を失ったことに比べるとただ記憶を失っただけで、あまりひどくないと思われるかも知らないんですけど…(ため息)
スホの時とは状況が違いますよね…
スホは目を覚まして、オラ家の人々もドギョンが記憶を失ったと考え、彼に対し、そんなに行動をしたんですが…

ジェムマはハヨンとナムジュンが洗脳に近い計略を立て、自分が完全にジェムだと信じて、オラ家に人々に復讐をしなければならないと思っていて…
これはこれは、状況がさらにひどいですよね…(ため息)
まあ、スホとサンハの愛を考えてみると、スホが絶対にあきらめないと思われるんですけど…
一日早く、ジェムマが自分がサンハであることが分かり、家族の元へ帰って欲しいですよね…

全然思わなかったナムジュンの登場!
彼の登場でただサンハと同じ顔であるかと思われたジェムマが1年前の事故で記憶を失ったサンハということが分かりました。
サンハが記憶を取り戻すのはいつ頃になるんでしょうかね。
また、記憶を取り戻したジェムマ、サンハはどんな行動をすることになるんでしょうか。

最後へ向かって走って行く「左利きの妻」。
次回も見に行ってきます!

左利きの妻のあらすじ88話~90話はこちら
↓   ↓   ↓
左利きの妻あらすじ88話~90話

左利きの妻のあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
左利きの妻のあらすじ全話一覧

韓国ドラマ「左利きの妻」のその他の情報

左利きの妻のキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
左利きの妻の相関図&キャスト

左利きの妻のOSTやDVDをネットレンタルするならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
左利きの妻のOSTやDVDをネットレンタルする

ここでしか見られない韓国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービスはこちら
↓   ↓   ↓
ここでしか見られない韓国ドラマが超充実なオススメ動画配信サービス

韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキングはこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマが多いおすすめ動画配信サービス比較ランキング

ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキングはこちら
↓   ↓   ↓
ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキング

韓国ドラマ放送予定一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマ放送予定一覧

サブコンテンツ一覧はこちら
↓  ↓  ↓
サブコンテンツ一覧

韓国ドラマ情報室トップはこちら
↓   ↓   ↓
韓国ドラマ情報室トップ