韓国ドラマ-王と妃-あらすじ40話~42話-感想-キャスト,相関図,動画や視聴率情報まで

   2016/04/18

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

韓国ドラマ「王と妃」の前回のあらすじを御覧ください。

端宗はヤン氏に脅されて首陽大君へ
疑念を持ってしまいました。

あれだけ助けてもらった首陽大君なのに
いとも簡単に信用が崩れてしまうんですね。

態度が一変した端宗は首陽大君の
言うことを聞かなくなります。

そんなおりにジンオクが反乱を起こし
攻めこんでくるという情報が端宗の元に。

あたふたする端宗は何も出来ずに
首陽大君を呼び戻し助けてもらいます。

結局、端宗は首陽大君がいないと何もできないと
重要な権限を首陽大君に渡すのでした。

やはりそうなりますよね(笑)

そして首陽大君によって譲寧大君と端宗は
仲を取り戻し、結婚の話へと進みます。

これからは端宗の結婚問題で
何か一悶着ありそうですね。

ではでは、あらすじの続きをどうぞ。

●あらすじ40話
臣下たちへ王の忠誠を誓わせ、さらに王妃の柵封を
おこなった首陽大君。

しかし、三むんは功臣を辞退すると言う。

一方で、婚礼を受け入れる覚悟が出来てきた端宗。

だがインジが反対の意志を変えないまま。

そこへハン氏はユン氏を連れ端宗のもとへやってきて
ハン氏が妊娠していると告げ…

●あらすじ41話
端宗の妃を決めるための第一次選考会が
首陽大君の主催で開かれた。

首陽大君の婦人ユン氏とパク尚宮も
妃探しに奮闘していた。

しかし首陽大君のいいようにはさせないと
ヤン氏は永豊や錦城大君たちと手を組み…

●あらすじ42話
首陽大君とミョンフェの間には
亀裂が入ってしまっていた。

ミョンフェは首陽大君の回りにいる者や
ラムにも冷たい態度を取るようになる。

一方で婚礼を急がせる首陽大君には
なにか野心があると考えるヤン氏。

第二次選考会が開かれたのだが
ヤン氏は王妃は私が選ぶと突然言い出し…

●感想
またまた争いが始まりましたね。

やっぱり誰を王妃にするかでもめてます。

王の妻ですから自分の娘をみんな
王妃にしたくて躍起になってます。

ミョンフェと首陽大君の仲も悪くなって
さらにはヤン氏が王妃を決めると言い出し
もうしっちゃかめっちゃかですね(笑)

こういう話嫌いじゃないですが
実際に起こったらめんどくさいでしょうねー…

てか端宗は自分で選ぶことはできないの?

首陽大君がそこまで決めちゃっていいのでしょうか。

●おすすめの関連記事はこちら


王と妃のあらすじ43話~45話はこちら
王と妃あらすじ43話~45話

王と妃のキャスト&相関図はこちら
王と妃キャスト&相関図

王と妃のあらすじ全話一覧はこちら
王と妃あらすじ全話一覧

王と妃以外のオススメ韓国ドラマはこちら
オススメ韓国ドラマ一覧

王と妃を動画で見る
王と妃を動画で見る

王と妃をDVDレンタルするならこちらが便利です(OSTもレンタルできます。)
王と妃をDVDレンタルする

  にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
韓国ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村

ブログ内検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket