FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

スポンサーリンク


「キム・ソヨン」のプロフィール

「キム・ソヨン」の画像はこちら

【プロフィール】
[芸名]キム・ソヨン(김소연:金素妍:Kim So-yeon)
[本名]芸名と同じ
[生年月日]1980年11月2日生
[血液型]O型
[身長]167cm
[出身]ソウル特別市
[学歴]東国大学校演劇映画学科
[デビュー]1994年 SBSのドラマ「恐竜先生」でデビュー
[職業]タレント、女優
[受賞]2009年 KBS演技大賞 人気賞(アイリス)
[趣味]読書、音楽鑑賞、ラジオを聴くこと、コンピュータゲーム
[特技]鼓(チャング)
[結婚]既婚者、俳優イ・サンウは夫(2017年06月09日結婚)

スポンサーリンク


「キム・ソヨン」出演韓国ドラマ一覧

出演韓国ドラマ:「ハッピー・レストラン~家和萬事成~」「検事プリンセス」「抱きしめたい~ロマンスが必要~」「ドクター・チャンプ」「秋の夕立」「イヴのすべて」「純情に惚れる」「その陽射が私に・・・」「母よ姉よ」「勝負師」「TWO WEEKS」「恋歌」「三銃士」「食客」「大風水」「アイリス」「アイリス2」「アテナ」「七つのスプーン」「クァンキ」「ステキな片想い(高品格の片思い)」「もう一度ハッピーエンディング」

スポンサーリンク


「キム・ソヨン」って俳優イ・サンウと結婚しましたね

◆キム・ソヨンは2017年06月09日にドラマ「ハッピー・レストラン~家和萬事成~」で恋人役で共演したイ・サンウと結婚式をあげました。

所属事務所は「2人は家族とゲストたちに配慮して、できる限りマスコミなど外部に露出を避け、挙式する」と明かした。

 

◆しかし、この結婚式を巡ってSBS芸能情報番組「SBSテレビ芸能」が間違った内容で放送したため少し騒動になりました。

「SBSテレビ芸能」スタッフは確認も取れていない状態で目を引くタイトルで放送しました。

「誰もがゲストにはなれない」「ものものしい検問の真っ只中」「招待状は必須アイテム」「結婚式の出入国審査を彷彿とさせるほどの厳しい審査」「例外のない招待状検問」

キム・ソヨン&イ・サンウが非公開の結婚式に際し、招待状の検問を行い、来客に無礼であったという内容で放送したのです。

特に、お笑い芸人イ・ウンヒョンが結婚式を祝うために来客として訪問したが、招待状がなくそのまま帰ったと伝えられたが、これは事実ではなかった。

所属事務所は、「確認した結果、イ・ウンヒョンは結婚式を祝うために来客として訪問したのではなく、知人を迎えに行くために式場に立ち寄ろうとした」とつけ加えて、「『SBSテレビ芸能』はこの状況を確認せずに、歪曲して報道した」と強調した。

翌週の同番組内で「イ・サンウ、キム・ソヨン、イ・ウンヒョン、そして視聴者の皆様にお詫び申し上げる。もっと事実の確認に力を入れる」と謝罪して騒動は終わりました。

 

◆8月のドラマ終了間際からお互いに好感を持ち始めた2人は交際をスタートさせ、9月には「好感をもって、互いに理解していこうとしている段階」として正式に熱愛の事実を認めた二人です。

しかし、番組制作スタッフからは「撮影中盤からイ・サンウとキム・ソヨンの雰囲気が尋常でなかった」と、こんな声も聞こえてきますので結構バレバレな雰囲気だったのでしょうね。

2人の俳優は、今までスキャンダルが一度もなかったという共通点があり、交際を開始したのが30代後半であるだけに 交際から9カ月目となる6月に結婚と進んでいった状況のようです。

 

◆結婚前のキム・ソヨンのインタビューです。

1980年生まれ同い年だが2月生であるイ・サンウが1年先に学校を卒業したのでキム・ソヨンはイ・サンウを“兄さん”と呼んでいます。

「ドラマ撮影中盤ぐらいお互いに特別な感情を持っていることが分かりましたが、 私たちは二人とも人見知りして恥ずかしがりやの性格で撮影現場では感情を隠していました。」(←でも、スタッフにはバレバレだったことに気が付いていなかったんですね)

「デートは最近思いきって子供(オリニ)大公園に遊びに行ったんですよ。 マスクとサングラスをかけて遊具も乗って、動物園も見物ました。平日で人も少なかったですしね。あと(イ・サンウ)兄さんがおいしいのを食べるのを好きで美味しい店を歩き回るとかもします。」

イ・サンウの魅力は、会えば会うほど終始一貫しているところかしら? 初めて会った日と最後の日と全く同じままです。」

「 男らしくて強固なんです、 口数が少ないけれどおもしろい話をたくさんしてくれますし、何より私たちの家族のことが好きでいてくれる所 です。」

スポンサーリンク


「キム・ソヨン」本人のインスタのアカウントが知りたい!

◆キム・ソヨンインスタ  ⇒  sysysy1102  ( https://www.instagram.com/sysysy1102/ )
김소연

フォロワー274千人

◆キム・ソヨン フェイスブック ⇒  김소연(Kim So Yeon, キム・ソヨン)fans  ( https://www.facebook.com/kimsoyeon.fans/ )
@kimsoyeon.fans

800人がフォロー中です

スポンサーリンク


「キム・ソヨン」の鼻は整形ですか?

◆キム・ソヨンは演技力だけでなく美人女優としても有名です。

鼻筋がスーッと通った鼻には整形疑惑が何度も出ています。

調べてみると中学生から芸能活動をしていたキム・ソヨンの中学生時代の写真は結構出回っていますが、中学生の時から鼻筋は通った高い鼻です。

大人に成長するにしたがって、メイク方法が変わってきているのはわかります(時代の流行メイクとかもありますしね)

メイクの時にノーズシャドウを入れるのと入れないだけでも、鼻の印象は変わるので恐らく整形なしの自然美人ではないでしょうか?

 

◆今回色々と写真を比べて見たところ、メイク技術の向上もあってか、キム・ソヨンは学生時代も含めて昔よりも若くなっている印象があります。

背も高く足も長いスタイル抜群のキム・ソヨンがレッド・カーペットを歩く時の衣装は毎回露出度が高く話題になります。

胸や背中が大きく露出したロングドレスを着こなすキム・ソヨンの若さの秘密は顔だけでなく、スタイル維持という努力の結果かも?

スポンサーリンク


「キム・ソヨン」についての感想

◆1995年中学2年生だったキム・ソヨンは、役者を夢見て演技スクールに登録し夢を叶えるために演技の猛特訓を受け「ミスビングレ選抜大会」に出場します。

キム・ソヨンは清純ながら成熟した外見は、審査委員の目を捉え「ジューンミスビングレタイトル」を獲得し芸能界デビューを果たし、すぐにTANK-Mの専属役者として活動。

非常に成熟して理智的なイメージが際立つキム・ソヨンは、子供ながら化粧品の専属モデルに抜てき。

またデビュー作の「恐竜先生」以降、様々なドラマに出演しハイティーンスターに。

 

◆私がキム・ソヨンを初めて見たのは大ヒットドラマ「アイリス」での寡黙なスパイ役でした。

そしてその後バラエティ番組で、結構ムチャブリな企画でも一生懸命に取り組む姿に真面目な性格を感じました。

必ず特記すべきは、KBS演技大賞での受賞コメントでしょうか?

生放送で受賞者も多いこの場で、俳優達は”家族””監督やスタッフ”の名前を一人ずつ挙げて感謝の意を伝える人が多いので皆さんコメントの時間が長いのですが、放送しているスタッフを気遣ってか「ものすごい勢いのマシンガントーク」での受賞コメントをして「キム・ソヨンのマシンガントーク」と有名になりました。

この点から見ても、やはり周りの人を気遣える女優だと好感度がUPしました。

真面目で気遣いのできる女優キム・ソヨンが36歳で決めた結婚相手とは、きっと幸せな生活が続くのだろうと思います。

韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国俳優・女優名鑑プロフィール一覧

ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキングはこちら
↓   ↓   ↓
ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキング

韓国ドラマ放送予定一覧はこちら
↓  ↓  ↓
韓国ドラマ放送予定一覧

韓国ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
韓国ドラマあらすじ一覧