韓国ドラマ「君の声が聞こえる」のあらすじ16話、17話、18話(最終回)と感想-フル動画が日本語字幕付きで見れます!

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

韓国ドラマ 君の声が聞こえる 16-18

韓国ドラマ「君の声が聞こえる」前回のあらすじ

最高視聴率24.1%と健闘した韓国ドラマ「君の声が聞こえる」の前回のあらすじがどうだったのか、内容を振り返りましょう。

 

スハは記憶が戻って、人の心を読む力も使えるようになっていました。

ヘソンには黙っていましたが、記憶が戻ったことをスハは告げます。

記憶が戻ったらスハの元を離れるはずのヘソンでしたが、スハの元にいることに決めました。

 

そして、ダルチョンが出所して、すぐに事件を起こし、再び警察に捕まってしまいました。

ダルチョンの事件を追っていたヘソンは、ダルチョンの娘ガヒョンが、実はドヨンだったことが分かります。

同時に、ジュングクが生きているということも…

さて、最終回はどんな結末になるんでしょう。

それでは、最終回のストーリーをお楽しみください。

スポンサーリンク

韓国ドラマ「君の声が聞こえる」あらすじ16話(視聴率24.1%)

「君の声が聞こえる」16話のフル動画 日本語字幕付き

voice 16 投稿者 marikot

ダルチョンの裁判が始まり、ドヨンがダルチョンを弁護していた。

しかし、ダルチョンを実の父をは認められないドヨンは、ヘソンに弁護を託すのだった。

サンドクと共にダルチョンの弁護をするヘソン。

 

そんな中で、ジュングクからグァヌ宛に秘密の手紙が新たに届いていた。

その手紙をヘソンが見てしまい、スハの父の事を知ってしまい…

スポンサーリンク

韓国ドラマ「君の声が聞こえる」あらすじ17話(視聴率22.3%)

「君の声が聞こえる」17話のフル動画 日本語字幕付き

voice 17 投稿者 marikot

突然姿を消してしまうヘソン。

心配したスハは、ジュングクにヘソンは捕まってしまったことを知る。

ジュングクが廃墟にいることを突き止め、スハはヘソンを助けに向かうのだった。

 

ジュングクはただでは殺さないと、結末を考えていた。

全ての真相を語り始めるジュングク。

そしてジュングクに会ったスハは、究極の選択を迫られ…

スポンサーリンク

韓国ドラマ「君の声が聞こえる」あらすじ18話 最終回(視聴率23.1%)

「君の声が聞こえる」18話のフル動画 日本語字幕付き

voice 18 投稿者 marikot

スハとヘソンは、ジュングクとの死闘に勝った。

長い長いジュングクとの戦いが終止符を迎えたのだった。

 

その後、ジュングクは刑務所へ入ることになり、裁判を受ける。

順当に行けば死刑のはずだが…

 

一方でヘソンはその後もスハと暮らしていた。

警察官になるために大学へ通いたいとスハは言い出した。

しかし、1年前にヘソンを刺したのはスハだと、ジュングクからの証言があり、スハは検察に本当のことを言いに行き…

スポンサーリンク

韓国ドラマ「君の声が聞こえる」あらすじ16話、17話、18話(最終回)の感想&ネタバレ

最終回まで来てしまいました。

ジュングクとの戦いがやっと終わりましたね。

ジュングクが何故スハの父を襲ったのか。

その理由が17話でわかりますが、気持ちは分からなくも無かったですね。

急に心臓移植をスハの父親に変更されて、ジュングクの妻は亡くなりましたが、なんとかならなかったんですかねー。

なんともいえません。

 

そしてスハとヘソンは、命の危険もありましたが、無事にハッピーエンドを迎えることが出来ました。

よかったですねー!

すべての謎は動画で見れますので、是非ご覧になってください。

君の声が聞こえる、面白かったです!

君の声が聞こえるのあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
君の声が聞こえるのあらすじ全話一覧

●おすすめの関連記事はこちら


韓国ドラマ「君の声が聞こえる」のその他の情報

君の声が聞こえるのキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
君の声が聞こえるの相関図&キャスト

君の声が聞こえるのOSTやDVDをレンタルするならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
君の声が聞こえるのOSTやDVDをレンタルする

君の声が聞こえる以外のオススメ韓国ドラマはこちら
↓   ↓   ↓
オススメ韓国ドラマ一覧

ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキングはこちら
↓   ↓   ↓
ジャンル別韓国ドラマおすすめ人気ランキング

韓国ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
韓国ドラマあらすじ一覧

  にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
韓国ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村

ブログ内検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket