FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

雲が描いた月明り」で一気に人気爆発したパク・ボゴム

視聴率は右肩上がりで急上昇し、最高視聴率25.3%を記録。
“国民世子”と評され、韓国の広告モデル好感度ランキングで見事1位を獲得。

今、一番輝いている彼の知られざる家庭の事情がワイドショーで話題になりました。

今回はそのパク・ボゴムの家庭の事情についてお話したいと思います。

スポンサーリンク


パク・ボゴムの家庭事情

その内容は、「パク・ボゴムが家庭の事情で2015年に破産申告をした」というものです。

彼の父親が当時15歳だった彼を連帯保証人に貸金業者から借金をしたというのです。
7年後、返済が滞り返済額が約8000万円にまで膨れ上がりました。

父親は全く返済ができない状態になったそうです。

 

貸金業者は連帯保証人になっているパク・ボゴムに請求します。
彼が「払えない」というと、訴訟を起こされてしまいました。

裁判所の判断でパク・ボゴムは約300万円を返済し、残りの返済分については「破産申告」をするようにとなったそうです。

とても爽やかで礼儀正しい彼の家庭の事情には、同情してしまいました。

今後は幸せな人生を満喫して欲しいと願います。

その他管理人の一言日記を見るにはこちら
↓  ↓  ↓
管理人の一言日記一覧