FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

韓国ドラマってなんでこんなにハマってしまうんでしょうかね?
しかもワンパターンが多いのに(笑)
ふと気になってしまいました。

今回は、なぜこんなに韓国ドラマにハマってしまうのか?について自分なりに考えてみました。

スポンサーリンク


ワンパターンなのになんで韓国ドラマにはまってしまうのか

私たちは、なぜもこんなに韓国ドラマにハマって次から次へと作品を見続けてしまうのでしょう?

なぜ、ワンパターンだと分かっていて「やっぱりこのパターンか。」と見透かしているのに、どうして韓国ドラマから抜け出せずに一つの作品の終盤になったら「次は何を見ようかなぁ~。」と作品探しを始めてしまうのか?
ふと思いついたことですが、もの凄く真剣に考え込んでしまいました。(←変でしょう?私もそう思います。)

すると、閃いたんです!!
私たちは、昔からワンパターンドラマが好きだったんだってことに。

 

「水戸黄門」しかり「遠山の金さん」しかり「フーテンの寅さん」しかり、いずれもワンパターンのオンパレードですよね?
結末は見る前から分かっているのにも関わらず、ハラハラドキドキしながら見てしまうのです。

そして最後はお決まりの場面を見て、なぜか「あ~良かった。」と安心してしまうのです。
だから、韓国ドラマのいずれもお決まりのパターンには飽きることなく「そうそう、そうなるのよね~。」と安心してしまいます。

但し、私たちが今まで慣れ親しんできたワンパターンドラマは必ずハッピーエンドなのに、韓国ドラマは裏切るのです!!
ハッピーエンドで終わる時もあるけれど、「えーーーーーーっ?!ここでこうなるか~?」という結末の時も結構ありませんか?
だから、ハマってしまうのです。

初めから途中まではいつも通りのワンパターンで私たちを安心させておいて、最後で裏切るのです!
最後の最後までハッピーエンドを予測させておいて、主人公が道を歩いている時に通りすがりにナイフで刺されて・・・・とか多くないですか?

結末が予測できないから、面白いんじゃないでしょうか?
そして、また次の作品を見始めてしまいます。

 

今日のお話は「ものすごーーーーーく、くだらないお話」でしたが私にとっては大発見だったので皆さんに共感して頂ければ幸いです。

「こんなこと真剣に考えてるなんて、変な人」とお思いでしょうが、この大発見を誰かに伝えたかったんです!
最後までご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m

その他管理人の一言日記を見るにはこちら
↓  ↓  ↓
管理人の一言日記一覧