FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

韓国ドラマ共通のあるあるはいくつかあります。

まずは「双子・もしくは赤ちゃんの入れ違え」ありますよね~。

 

『双子』は誘拐、秘密裏に一人だけ外に出す、行方不明パターン。

それが、成人してから『偶然(こんなに偶然がかさなるんかーい!)とツッコミを入れたくなるほどの偶然が重なり、もう一方の双子や母親に出会いますね。

 

『赤ちゃんの入れ違い』は故意、偶然のどちらかのパターン。

赤ちゃんの入れ違いは、大抵、大金持ちと貧乏人の家庭で育つ。
この場合は、ある程度大きく育ってから「入れ違い」に気づき実親の元で育つことになる。
貧乏な家で育った子は意地悪、金持ちの家で育った子は非の打ちどころのない良い子。

お決まりのパターンですね。

スポンサーリンク


双子あるあるが見れる韓国ドラマ

『秋の童話』『いとしのクム・サウォル』『きらきら光る』『ガラスの靴』

善徳女王』『帝王の娘スベクヒャン』『私はチャンボリ』『それでも青い日に

いつも春の日』・・・あまりに多くて書ききれませんね(^_-)-☆

どれも面白いと思います。
お決まりパターンではあるけれど、分かっていながらついつい見ちゃうんですよね(笑)
やっぱり韓国ドラマは面白い!

その他管理人の一言日記を見るにはこちら
↓  ↓  ↓
管理人の一言日記一覧

スポンサーリンク